がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
hot cardiologistさま、こんばんは。

被害者の家族はいつの間にか、マスコミのカメラが向けられると「何か言わなきゃいけない」のが常識のようになってしまっていますね。答えられなきゃ答えられないで泣き顔がニュースソースだし。そんなプレッシャーをかける権利は誰にもないのに。そっとしておいてほしい人をそっとしておくことができるかどうかは、その人が大人かどうかの尺度になると思います。昨日のNHKには大人が誰もいなかったのだろうと思います。
投稿者:hot cardiologist
いつものことながら、テレビでは、悲惨な事故の被害者家族にインタビューをする映像が流れるでしょ。
どうかしてると思います、まるで他人の不幸は蜜の味、を地でいっているようで。
無神経さに腹がたちます、芸能人のゴシップを報道するのと同じ感覚で取材しているんです。
最低の連中です。こいつらが一部の患者団体を取材して、医師に対して偏見を持った報道をしているんですよ。
投稿者:hirakata
christmasさま、こんにちは。

たしかに民放は「あんまりだ」と思う時がありますね。今日のもネット上で見直してみると、大アップにはなっているけど下からあおるほどではないかな。でも行方不明の人の名前(多分)を叫んで泣き崩れる人の気持ちを考えることができる人なら、あの写し方はしないんじゃないかと思います。港にいた漁師の人たちがよく怒り出さなかったなと。
投稿者:christmas
 hirakata先生、こんにちは。
 それでもカメラワークに関しては、NHKが一番マシなような気がします。明らかに食事時という時に、殺人事件だからと、路面に血がべっとりとか、家族の団らんタイムにえっち系ニュースとか、、、民報は節操なしです。昔は一応、深夜放送の時間帯に放映していたのに。
 というわけで、私は年寄りや子供と同席の際は無難なNHKにチャンネルを合わせていたのですが…(溜息)。民報のような血まみれ映像は放映できないから、んじゃのぞき込んで撮ってみよーとでも思ったんでしょうかね。
 刺激に対し、感覚は徐々に鈍くなるっていいますから、エスカレートはあってもクールダウンはないかも。デリカシィはマスコミに期待できません。
AutoPage最新お知らせ