がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
hot cardiologistさま、DTMHさま、こんにちは。

私もまたパブリックコメント書きます。書かなかったら「反対意見もないようなので、ではこれで国会へ」となるのは目に見えています。大綱案は第三次試案から進歩している部分もありますが、解決していない問題を多く含んだままです。第四次試案、第五次試案と詰めていかずに「このへんで手を打とう」という作戦に根負けしてはいけません。疲れるけど。
投稿者:DTMH
そうまたパブコメですね。第三次試案に対するパブコメの多くを逆なでするかの大綱にむなしさを覚えますが、何もしないよりましかと期待してパブコメ書くつもりです。
投稿者:hot cardiologist
衆議院選挙があって、現与党が過半数を取れないか、ぎりぎり半数だったら、この厚生省案=自民党案は流れるでしょう。

それは置いといて、民主党案が出てくるところを見計らって、わざわざ法案大綱を公表したのは、三次試案を最終案として既成事実にしたかった厚生省医政局役人の暴走。
悪いことはできない、直前に舛添厚労相の耳に入って発表は1日遅れた。
厚労相は、あくまで試案は試案、今後も検討を続ける腹づもり。

厚生省医政局の役人は、これで完全に現場の臨床医を敵に回しました(敵、味方、って言い方、好きじゃないけど)。
もう、信用も信頼もしません、厚生省医政局の役人なんか。
医療崩壊の戦犯です。
AutoPage最新お知らせ