がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
ダガシさま、おはようございます。

理想論であることはわかっているんですが、政治家も官僚も、どうも「だまし合い、化かし合い」を頑張りすぎて、逆に信用を失っているんじゃないかと思うんです。「後期高齢者医療制度には、こんないいことがありますよ〜」(内心は「年寄りに税金使わしてたまるか」と思ってる)よりは、「これからは、日本の経済構造が苦しくなるので、お年寄りに使うお金がありません。だから協力してください」の方が、私は気持ちいいです。

もっとも、そんなこと言わずに必要な医療をみんなに提供できる方がいいとは常に思っていて、まずはそこを目指して工夫した方がいいとは思っています。この国は経済の運営も上手じゃなくて、資源もなくて、そのために国も国民もだいぶ損をしているんじゃないかと。
投稿者:ダガシ
 またhirakataさんの理想論が出ましたねえ(笑)。もちろんその理想論には共感してるのですがね、僕は。
 だがしかし、そういう正直な言説を言える政治家は、古今東西いなかったはずですよ。
 なぜなら(hirakataさんも分かっておられるでしょうが)そういう正直者は、そもそも政治家などになりたがらないでしょうし、もしなろうとして立候補しても、世の中のタカリ根性の人々はどうしたって自分に似たような人間に投票するわけで、だから正直者は当選しないわけで。

 僕なんか、(まあご存知なのでしょうが)ブログでもリアルの世界でもそういうこと言って回ってますが、またダガシがヘンなこと言ってるとか、ダガシは冗談好きだねとかで、誰もマジメに聞きませんから、ハハ。

 じゃあどうすればいいか?
 お医者さんが、言い回るべきなのですよ。
 政治家などにまかせておいても、百年たっても変わりませんよ。
 おじいちゃん、おばあちゃん、今までよく頑張った! それだけ生きたんだから、これからはあんまり税金は使わずに、あんまり保険料は使わないようにして、後は若いものが暮らしやすくなるように、爽やかに行くべきところに行きましょうよ。順番なんですから。俺も、あんたの後に続くからさ…とね(俺、残酷なこと言ってるのかな)。

 もちろんダガシが言うことの逆の信念持つお医者さんもいていいし(そういうお医者さんがほとんどでしょうが)、そうでなくて、ちょっとでも、こいつの言ってることにも何か理があるのじゃないかと思った人は、周りの分かりそうな人たちに、柔らかくでもいいから、現場から、広めること、してもらいてえなあ、と思います。

http://shoubido.blog44.fc2.com/
AutoPage最新お知らせ