がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
so-shiroさま、タヌタさま、おはようございます。

経済財政諮問会議が社会保障分野に口を出すなら、社会保障分野の経済情勢がわかっている人が議論を動かしている必要があります。そのような人が全くいない会議で、社会保障の組み立て方に意見をするなんて、とんでもないことです。

それにしても、最近の厚生労働省の劣化ぶりはどうしたことでしょう。21世紀に入りたての頃には「この人たちは日本の医療を正しく組み立て直してくれるんじゃないか」と期待できる官僚がいたはずなんですが、その人たちはどこに行っちゃったんだろう。

早く息を吹き返してもらわないと、全国民が不幸になってしまいます。
投稿者:タヌタ
厚労省の朝令暮改は今に始まったことではありませんが、最近は全く反省すらしない。
精神保健福祉士制度を急遽導入しようとした頃は、厚生省のHPには、
「皆様のご意見の集中をお願い申し上げます。我々だけでは、どうしてよいかわかりません」という趣旨の『お願い』が掲載されており、実際に、様々な意見を取り入れていました。
財務省や経済財政諮問会議の圧力に抗しきれない厚労省が、現場を全く調査せずに、全くの数あわせだけを目的にして、見切り発車で方針を出し、現場からの反発と、患者さんからの激しい反発を受けて、急遽、撤回したというところでしょう。
障害者施策についても、同様で、支援費制度の導入の際にも、現場をよく知り、障害者団体や、施設協会とパイプを持っていたたたき上げの課長補佐を排除した、現場を知らないキャリアの課長級が同じく現場の『ゲ』の字も知らないキャリアを動員して、作成したと聞いています。
投稿者:so-shiro
hirakataさん、お疲れ様

嫌な予感がするのは、病床数は削減しないが医療費は増やさない、という選択を財務省主導で強要されないか、です。

そうなると、単価が下がってはてしなく介護型病床に近づき、人件費削減に走らざるを得ない。

このあたり監視と提言を続ける必要があります。医療も介護も適正規模とは何か、どこまで国民は負担できるのか、まさに権丈先生の言う「見積書」ですね!
投稿者:hirakata
so-shiroさま、こんばんは。

「医療費亡国論」は根本的に間違った理論であるということを、特に厚生労働省が認識すべきだと思います。これはもちろん際限なく膨張することを許せという意味ではなく、適正な規模を割り込むと国の屋台骨を蝕む結果になるという当たり前のことに、気付かなければいけない時期だと思います。

絞りすぎるのは経済にとってもマイナスだという計算ができれば、それを以て逆に財務省を説得することができるのではないかと思うんですが、厚生労働省にも財務省にもそのような考えをする人はいないのかもしれないな、とも思います。
投稿者:so-shiro
hirakataさん、言いたいことのほとんど全てを言っていただいたので、付け足すことはないです。

適正な社会保障体制を維持するための人的資源の確保も含めて、きちんとした議論をしないと、いずれ逆振れする日が来ます。

財務省の意向でなく、厚労省としてのきちんとした方針を持ってほしいです。
投稿者:hirakata
ほうき星さま、こんにちは。

手や足を吹っ飛ばすけど命は取らない地雷のイメージ、なんかぴったり来ます。その他にも兵糧攻めとか心理戦とか、非常に有効な「医療壊滅策」を次々と繰り出してきているように思います。なんでこんな役所になっちゃったんでしょうね。
投稿者:hirakata
lockjawさま、こんにちは。

おっしゃるとおり、満床の場合療養病床数×定額入院費が療養病床の総医療費ですから、入院費の頭を押さえておけば総額は増えていかない理屈ですよね。それを「社会的入院という無駄があるに違いない」という理屈で抑え込んでいくのであれば、どれくらい病院に入る必要のある人がいて、どれくらいが無駄な入院なのかを検証してからでなければ、削減方針は出せないはずなんですが、そんなのは関係なしで「削減目標」だけを示す。役所として向いている方向が違うのではないかと思います。

これから約20年の間高齢者と呼ばれる人はどんどん増えていくのに、こんな思考の人たちに任せていたらほとんどの人が「あ〜あ、こんな時代に生きて人生不幸だったな〜」と思い、病気が来なかった運のいい人だけが「やったぜ。勝ち組だ(ほんとは負けてないだけ)」と思う社会になるんでしょうか。それより前に何らかのいさかいが起きるような気もします。
投稿者:ほうき星
 介護と労働人口のくだり、不謹慎ながら対人地雷を連想してしまいました。
対人地雷は歩兵を殺害してしまえば兵力1の削減になりますが、負傷させる程度にとどめれば後送するための兵力も含めて2名以上の兵力を効果的に削減することができます。
 厚労省の朝令暮改ぶりは「ああ、またか・・・」という感じで、倒産してしまった病院が再生するわけでもないのでなんとも。その朝令暮改ぶりで社会保障費を増額してくれれば別ですが・・・。
投稿者:lockjaw
厚労省の方針はコロコロ変わりますね。
場当たり的な政策なんでしょうね。
そもそも医療費が増大するのを防ぐためと言っているが,療養病床は定額制なので病床が増えなければ医療費は増えないと思うのですが。
まあ,25万床でも足りるわけが無く,大変な時代がくるのは確実ですね。
AutoPage最新お知らせ