がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
このブログをご覧の皆様へ。

道標主人さまの力のこもったまとめが「産科医療のこれから」に投稿されています。まだ見ていない方は是非ご覧下さい。
   ↓   ↓
http://obgy.typepad.jp/blog/2008/05/post-1341-75.html
投稿者:hirakata
道標主人さま、こんばんは。ありがとうございます。

キャリアブレインニュース、まだちょっと読み込めていないので記事としては取り上げていないんですが、パブコメは何のために集めたのか疑問に思います。いや、「意見は聞きましたよ」というポーズのためだとは思うんですが。

以前、終末期医療のガイドラインの時もそうでした。
http://air.ap.teacup.com/awatenai/249.html

今回はパブリックコメントで厚生労働省の暴走を止めなければいけないと思ってたくさんの人が動いたのに、ただのポーズだということを今回初めて知った人はたくさんいるでしょうし、そういう人たちは厚生労働省のやり方を見て、「これは許してはいけない」と思うんじゃないでしょうか。どんどん自分の立場を悪くするようなことばかりして、厚生労働省は持つんでしょうかね。
投稿者:道標主人
以下のキャリアブレインニュースのとおり、
厚労省が、第三次試案パブコメに隠れて
こっそり法制化作業を進めていますした。

要点
1. 医療安全調へ届け出でるべき範囲が不明
2. 結局全例届出義務といっしょで、届け出なければ処罰、
3. 届け出ても、報告が正確でなかったら処罰、つまり黙秘できない、
4. 捜査機関に通知される範囲がいかようにも広くとれる、

第二次試案といっしょです。
投稿者:hirakata
SORAさま、おはようございます。

そのキャリアブレインの記事を見ても、第三次試案の問題点を本当に詰め切れるのかわからないですね。医師法改正案も同時に提出して可決しないといけませんし、その摺り合わせができているようには思えませんし。

直前の駆け込みが多かった割には、まともなもの、かなり練り込まれたものも多く、出してはいなかったけれど考えてはいた人がたくさんいたのではないかと思います(私も含めて)。駆け込みだから考慮しないというのはもったいない力作が、400番台とかにもいくつか見られました。拾い上げきれないなら今国会への提出は見送るべきだと思います。
投稿者:SORA
> パブコメはほとんどポーズで、法案は作っていそうですか。

既にYosyan先生のところでご存知かもしれませんが、
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/16162.html
なんていう記事が出ています。

> 厚労省はそういう役所ですよね。

残念ながら厚労省以外でも同じです。

ちなみに私は5/2に出して200番台の前半1/4以内でした。直前の駆け込みがとても多かったようですね。
投稿者:hirakata
れいさま、hot cardiologistさま、こんばんは。

パブコメはほとんどポーズで、法案は作っていそうですか。そうですか。厚労省はそういう役所ですよね。なんとなくそんな気はしてました。
4月23日に「既成事実化?それはまずいでしょ」という記事
http://air.ap.teacup.com/awatenai/667.html
を書きましたが、この時感じた不安が現実のものとなるということなんでしょうね。根本的な欠陥を取り除かないまま法律にしたら、医師は誰も厚生労働省を自分の管轄官庁とは認めなくなるかもしれませんよ。
投稿者:hot cardiologist
厚生省はすでに第三次試案の法案化に乗り出しているようですね。なんのためのパブリックコメントだったかと思います。
法案の原案が出来上がった段階で、もう一度、臨床の現場、特に予期せぬ死亡を経験しうる臨床系学会が団結して反対のアピールをする必要があります。
と同時に国会議員の先生方に医療側から強く働きかける必要があります。

さて、WHOのガイドラインの中でモデルとされていたイギリス(イングランドとウェールズのみ、スコットランドと北アイルランドはほぼ同じだが別のシステムあり)の医療安全システムのホームページがあります。
患者・医療従事者・医療機関を匿名にして、裁判の資料には使わない、刑事罰を念頭におかない、保健省とは別の機関で行う、報告しなければ罰金ということもない、など、日本の医療安全委員会の原案とは全く違ったものです。
イギリス式全輸入でも良いくらいです。

National Patient Safety Agency(National Health Service)
National Reporting and Learning System: an Overview
http://www.npsa.nhs.uk/patientsafety/reporting/general-overview-of-the-nrlsgeneral-overview-of-the-nrls/
投稿者:れい
こんにちは。

私の経験では、パブリックコメントを検討した結果として一から練り直すような根本的な見直しは行わないように思います。小手先の現実的な部分の修正で通しちゃうような気がします。
AutoPage最新お知らせ