がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:平田陽三
昨年になって初めて、日本の癌学会でも癌組織の根源細胞である癌の幹細胞に関する論文が発表され始めました。癌の幹細胞に関する研究が進展すれば、将来の癌研究や癌治療に重大な転機を齎すものと期待されます。小生は1992年以来、癌の幹細胞に対処する治療概念、すなわち、今までにない全く新しい治療概念を記載した論文17編を国際的な医学雑誌に発表しています。それらの論文資料にご関心のある先生には、個人的に無料で郵送いたしますので、郵送出来る宛先をお知らせ下さい。
780-0870 高知市 本町 5-4-23 平田病院 平田陽三
電話:088-875-6221 Fax: 088-871-3801
投稿者:hirakata
山口(産婦人科)さま、こんばんは。

私は定期購読してませんが、よく立ち読みします(通勤路に本屋どころか店が一件もないので、街まで下りていかないと立ち読みもできない田舎ですが)。

今回の特集、よかったですよね。私は緩和ケアをやる前は血液内科医だったので、多能性幹細胞や全能性幹細胞にはなじみが割とある方なのですが、今回の特集は生物の基礎知識があれば理解できるような書き方だったと思います。そういう学問なのか、書き手が素晴らしいのかはわかりませんけど、いい特集でした。
私は定期購読してます〜
今回のは夫も「勉強になった」と言ってました。ほんとにわかりやすくて、再生医療のド素人にもかみ砕いて教えてくれるような内容でした。
宇宙の話題とかもいいけど、こういう医療に近い領域の話は、やはり関心が集まります。
AutoPage最新お知らせ