がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
田舎の看護師さま、ハッスルさま、こんばんは。

医療需要に見合った国民医療費が用意されるなら、今の勤務医はべらぼうな高給取りになっているでしょうね。診療報酬が激安なので、人数が足りなくて長時間労働をしていても、それに見合った給与が支給されないのだと思います。医療を動かすエネルギー源はほとんど診療報酬しかないわけですが、今の診療報酬は何かをするエネルギー源にはならずに、逆に仕事をすればするほどエネルギー減になるものも少なくないと思います。

医療クラークを増やして医師の仕事量を軽減しようという意見が、多く聞かれるようになりました。たしかに医療クラークに仕事を肩代わりしてもらうことで、医師は医師でないとできない仕事をより多くしたり、休める時間を増やしたりすることはできるでしょう。外国では医師の時給が非常に高いので、医師より時給が安い職種に医師の仕事を肩代わりさせて、より安く医療を行おう(つまり、儲けを増やそう)という意味があるのに対して、日本では時給は同年代の看護師さんなどと変わりませんから、コスト削減という意味ではクラーク導入はよその国と同じ効果はないだろうと思います。クラークがみんなボランティアでやってくれるなら別ですが。
投稿者:ハッスル
人数に合わせて職務をコントロールできるのであれば、給料は問題にしません。
僕としては、給料そのものというより、やりきれない”トラブル””リスク””診療以外の医療業務”が増えていることに、見合わないことです。
給与を増やす費用負担を問題にするのであれば、それ以外を減らすことに全精力を行政として注いでいただきたい、と思います。
投稿者:田舎の看護師
記事やコメントを拝見いたしますと、仮に、定数通りの医師給与総額を、実際の医師が頭割せよというお触れが出たとすれば、
それなりに士気は保たれるのかもしれませんね。

必要なはずの医師定数は決まっているから、それに対する人件費もあって当然で、支払う側に損はないはずです。
投稿者:hirakata
aucun couさま、こんばんは。

山梨は「医師確保対策が限界に近づいている」と書かれてしまっていますね。たしかに山梨県東部の産科事情などを見ても、かなり厳しい状況だなあと感じます。でも他の都道府県でも似たり寄ったりで、山梨が特に上手く行っていないわけでもないような。

公立病院に関しては、大きな病院ほど忙しい割に報酬が少ない傾向があるというのが、決定的に「ダメ」ですね。というわけで、医療費抑制政策と医師数抑制策の両方ともやめないと、この悪循環は止まらないというのは自明なわけなんですが、政治がそこを大転換するまでには、まだまだ時間がかかるような気はするし、その間に医療崩壊はどんどん進んでしまうんだろうなあ。あ〜あ。
投稿者:aucun cou
山梨の場合、確保費として増額した金額よりも辞めていった公立病院医師の人件費総額の方が多いと思います。この程度で確保の対策をしているつもり?と思いたくなりました。
多くの自治体の確保費増額は、辞めていった医師の人件費を移し変えて計上しただけではないでしょうか?裏を返せば、それだけの医師が辞めていったということ?・・・勘ぐりすぎですかね?
本気で確保をしたいなら、先ず、医師の待遇改善だと思うのですが、相変わらず、お役所の論理で、公立病院勤務医の報酬は殆ど改善しているようには思えません。
AutoPage最新お知らせ