がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
厚生労働省は、ベテランの医師がどれだけ密度が高くて上質な診療を短時間でおこなうか、全く見えていないんでしょう。3分診療でも十分な外来をする先生はたくさんいます。結局医療費を減らすことだけが目的で、それ以外のいろんな説明は、ただの言い訳にしか聞こえません。結局医者を一番馬鹿にしているのは厚生労働省なんじゃないかな。
投稿者:れい
厚労省保険局は、診察にかけた時間をカルテに記録するよう求め、調査する際は、1時間に12人を超える診療がないかをチェックするようです。しかも「時間が長ければ長いほど、患者にとって質の高い医療になる」と強調しているとは、あきれ果てて開いた口がふさがりません。厚労省のお役人なら役に立たない仕事をしても、長時間働けば残業手当で高い給与になるんでしょうから、それと同じだと勘違いしてるんじゃないの?と思いたくもなります。
AutoPage最新お知らせ