がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
ハッスルさま、おはようございます。

いろいろな要素が、大変な現場で頑張り続けている医療従事者を追い詰めています。「遺族が訴えることを考えているらしい」という噂を聞くだけで、普通の医師にとってはとてつもないプレッシャー、ストレスになります。命にかかわるような医療はしたくないという動機に、十分なります。医師の立場になって考えてみれば、それは誰にでもわかることだと思うんですが、普通の人は医師は普通の人ではないと思っているんでしょうね。
投稿者:ハッスル
考えないことが一番だと思いつつ、不安は理屈で生まれ、理屈で解消されるものでは無いと思います。
患者では無い家族(見えないことも多い)に脅えながら、健全な気持ちで医療に関われるはずが無いと感じます。
新組織ならそれが出来るまでの数年の一定期間、”故意以外刑事訴訟の対象としません””現時点で係争中でも一旦中止”ということってそんなに理不尽なのでしょうか?
今は医師のみならず、きわめて不健全な制度設計(診療科単位、病院単位、地域単位、国単位)で日常臨床が行われていると思います。
AutoPage最新お知らせ