がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2018年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
Taichanさま、続けてこんにちは。

弁護士さんの他に、命の後見人として司法書士さんや公証人も入れてもいいかもしれません。でも使うのが面倒くさい仕組みにしてはいけないので、本当は手続きを明確にした上で、医療現場だけで完結できるようなものの方が、より定着するような気もします。そのためには、今の法と判例ではダメなんですが。
投稿者:Taichan
もっと深い例→確かにきめ細かい意思表示が医師としては欲しいです。

法的裏打ち→日本の場合、特に親戚が死後に問題とするケースもあるでしょうし、弁護士さんが入った文書作成が一番望ましいのですが。

http://blog.livedoor.jp/onizukam/
投稿者:hirakata
ハッスルさま、こんにちは。

おっしゃるとおりです。病院は病気の人が入院するところですから、亡くなる人がたくさん出るのも当たり前です。残念ながら命が終わる運命になった人にも頼ってもらえるなんて、とっても光栄なことだと思います。それなのにそのための準備もしないで「この病院には最期を迎えるためのベッドはありません(そうなったら他の所に行って下さい)」などという病院もまだたくさんありますし、国の診療報酬のつけ方や医療システムの組み立て方がそうなってしまっているので、そのような冷たい言い方を医療従事者がする時にも罪悪感が薄れてきてしまっているように思います。

たくさんの良い看取りの経験は、病院にとって財産です。それぞれの病院の幹部が、そういう部分も地域に信頼される大事な要素だということに気がついてほしいです。
投稿者:ハッスル
考えてそれなりに結論を出すのは病気の患者さんが目の前にいるときではないと思います。したがって入院(に限定される)ということは、そう多い話ではないかと。

医師(病院)が内外に”うちの病院でこれだけの期間にこれだけの看取りをして”と、普通に語れる社会になって欲しいかな。たくさんの患者さんを看取る病院はすごい頑張っている病院だと考えています。
投稿者:hirakata
れいさま、こんばんは。

そうです。これは75歳以上の方を対象とした制度です。ということは「75歳以上の人にはできるだけ社会保障費を使わない」という姥捨て山政策の一環だと考えた方がいいです。でも命のことを考えるいいチャンスでもあるので、これを活かしていきたいと思います。
投稿者:hirakata
christmasさん、こんばんは。

心構えと、「1回死について考えておく」という行動は、大事です。そういう意味では私の本「がんになっても、あわてない」お勧めの一冊なんですが、じわじわ売れてはいるようですが、このまま行くと絶版の危機かも。ま、ぼちぼちやっていきます。
投稿者:hirakata
田舎の消化器外科医さま、こんばんは。

お役に立てて幸いです。私もこの仕事(緩和ケア)をだいぶやってきたので、今は医師として死を語ることに違和感がありませんが、昔は一般内科(一部血液内科)と緩和ケアは両立不可能のような感覚でした。医師の側も、患者さんも、患者さんに将来なる人も、患者さんを取り巻く人も、一歩踏み込んで考えるべき時代が来ているんじゃないかと思います。
投稿者:れい
「後期高齢者終末期相談支援料」という名称からして対象者は75歳以上なんでしょうか?逆に言えば未満の患者は対象外なんでしょうか。国や官庁の思惑は別にして、「リビングウィル」は制度として国民的コンセンサスの上で実施できるようになって欲しいと思います。
投稿者:christmas
>もっと深い例をあげてみる。(これは一例で、それぞれの項目について、別の判断が当然あり得る

 この一例の部分、大変参考になりました。初めて見送りの役目を担う立場の私は、終末期の患者にどんなことが起こるのか、イメージがいま一つわかずにおりましたので。

>多くの場合に人の死は「来るべくして来たもの」と思えるし

 先生の著作にもありましたが、「3人に1人はがんになる」と予め知っていれば、告知時にあまりあわてませんね。私自身は告知後に先生の本を探し出し、自分を慰めるのに使いましたが、医師の立場から発言することは、大きな癒しに通じると思います。
投稿者:田舎の消化器外科医
平方先生
深く洞察された文章で、自分の考えの中で未消化であった部分がかなり解決できたように思います。
特に「来るべき死の受容に関する考え」を医師の立場から発言することは、無責任とも捉えられかねず、難しい問題と思っていましたが、先生の文章には説得力があると思います。
ありがとうございました。
AutoPage最新お知らせ