がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
3番目の落書きさま、こんにちは。

朝日新聞の特集は、割といいことを書いています。でも自分の健康に不安がない人(ほとんどの人がそうなのが困ってしまいますが)は、そんな話題などどこ吹く風。団塊の世代が医療を頼る時代になって、そこで愕然とするのでは遅いんです。マスコミにはもうちょっと頑張って欲しいです。

超党派の医療問題を考える議員連盟には、私も期待しています。国会議員の議員連盟は、お遊びに近いものから実務的にバリバリ動くものまでいろいろありますが、バリバリ行って欲しいと思っています。日本の政治はあまりにも効率が悪く、世界が激動する時にはついて行けないんじゃないかと、私も不安です。
投稿者:3番目の落書き
こんにちは。超党派議員さんによる医療問題を何とかするグループが出来たようですね。私は嬉しくは思っているんですが、しかし。毎日新聞を読んでると、「夏までに政策提案を目差す」となってます。お役所や議員さんはやることがのんびりしてるなあ、と言う気がしますが、どうお考えでしょうか?アメリカとかだと、一回思い立ったらサクサクと物事を運ぶ、という印象があるんですけどねえ。

http://piazzacapitanato.at.webry.info/
投稿者:3番目の落書き
先生、こんにちは。今回は朝日新聞の「救急存亡」シリーズのコメントをTBしました。徐々にではありますが、マスコミも取り上げるようになってきたのでしょうか。この問題で最大の悪の一つは「無関心」です。私はど素人ですが、医療関係者が夜逃げや国外脱出をする前にこの問題が良化することを願っております。

http://piazzacapitanato.at.webry.info/
AutoPage最新お知らせ