がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
kennethさま、こんにちは。

私の近くにも歯科関連の資格を持っている人が何人かいますが、皆さん一様に「日本の歯科の制度はおかしい」と言いますね。医科も同じような道を追いかけているわけですが、医科の場合は「お医者さんは儲かる」という(今となっては)迷信がはびこっているために、医学部の偏差値はかなり高いところに張り付いているらしいです。歯科も医科も、どうしたいんでしょうね国は。こんな医療政策をやっていれば、有望な人材は重要な部分に誰も残らないようになってしまうのに。しかしインプラントの技術、活かせないのはもったいないですねえ。なんとかなりませんかね。
投稿者:kenneth
こんにちは。私は日本で7年、アメリカで3年歯科技工士として働いて、去年帰国しました。
現在は歯科メーカーにいますが、私がなぜ歯科メーカーにいるか?
せっかくアメリカでインプラント技工をマスターしてきたのに。
実際、技工を辞めるつもりはなかったのですが、やはり給料や待遇を考えると、日本では技工の仕事をする気にはなれなかった為です。

本当にこのままでは、日本から歯科技工士はいなくなると思います。

もう少し、良い環境になり、誇れる仕事にしたですね。。

もう世間では低賃金、長時間労働のイメージがバッチリついてますから、なかなか劇的に変わる何かがないと難しいとは思いますが。。
投稿者:hirakata
入れ歯職人さま、こんばんは。1年以上前の記事にコメントいただき、ありがとうございます。

そういう事情もあるんですね。でもゆとりのない料金設定をした国をそのままにして、歯科技工士と歯科医がいがみ合っていたのでは、財務省や厚生労働省の思う壺にはまっているのかもしれません。
投稿者:入れ歯職人
もっとも深刻なのは激減している歯科技工士ですよ…。
なにせ20代の技工士の離職率は約8割ですから…。
かろうじて現在の歯科医療を支えているのは就業技工士の約4割を占める50代の技工士です…。

彼らがリタイアすれば歯科医療は崩壊するでしょう。

しかし技工士が激減している現在も技工士が裕福になっているかといえば…
状況はさらに悪くなってます。

歯科医からのさらなるダンピング要求で技工料金の相場はさらに下がってるようですね…。

歯科医が現在、歯科技工士に支払う技工料金は保険点数で定められた技工料金の約3〜4割程です。

歯科医がきちんと厚生大臣告示の技工料金7割を支払うと云う約束を守っていたら着々と進む歯科医療の崩壊は防げたかもしれませんね…。
投稿者:hirakata
3番目の落書きさま、こんにちは。
歯医者さん、大変ですよー。歯医者さんに混合診療が導入されてから、基本的な診療技術であっても新しいものは全くといっていいほど保険対象には加えられない、20年もの間、基本的な診療報酬はずっと据え置きなど、医療の行く末を見るようです。日本は保険診療に関してはすべて国が値段を決めますので、値段のつけ方を間違うとこうなる(次は医療)という例です。

れいさま、こんにちは。
歯科医院が多いのは、それだけ養成してしまったからです。今では就職も開業もできない歯科医が増えているようです。歯科に続いて医科にも混合診療を解禁するなら、前にも書いたように
http://air.ap.teacup.com/awatenai/463.html
・公的保険で、基本的な医療はすべて保障する
・基本的な医療に必要な医療費は国が保障する
・医療の進歩に合わせて公的保険の範囲は適宜変更する
・自費診療の範囲や質、価格についても制限する
これらの条件を満たすことを確約して導入するのでなければ、良心的な日本の医師たちはみんなワーキングプアになるし、必要な医療が受けられなくなるでしょう。
投稿者:れい
以前から歯科医院は多いなと思っていましたが、それはそれだけ需要があって儲かるからと単純に思っていました。もっとも私は歯を削る治療が我慢できない
ので余程でないと行きませんが。

歯科医療に関しては混合診療が認められていますが、その結果として新たに保険対象として認められたものがほとんどないということをどこかで読んだんですが、それが事実なら混合診療を無条件に解禁したら同じことが起こるのは当然に思いますね。
投稿者:3番目の落書き
お久し振りです。
へえ、歯医者のほうが苦しいんですか?信じられない。私、歯科医の方が一般の医科よりもリッチなのかと思っていました。私はむかし、イタリアに住んでいたことがあるんですが、冗談交じりに「結婚するなら、弁護士、歯医者、サッカー選手とがいい」なんて言っているイタリア人がいるくらいで。
これからますます高齢化がすすむ日本社会。入れ歯で歯医者のお世話になる人はふえている、と思っていたのに。びっくり。

http://italianokioku.jugem.jp/
AutoPage最新お知らせ