がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
れいさま、こんにちは。

行政のかかわり方に問題があるところは多いでしょう。しかし私としては、地域に必要な医療を提供するだけで赤字が膨らんでいくような、国の医療への値段のつけ方が一番の原因ではないかと思います。無駄が排除できなかったから赤字が膨らむのではなく、無駄を極力排除して必要な投資まで抑えても赤字になってしまう病院は、日本の地方都市にはたくさんあります。それも閑古鳥が鳴いてるような病院ではなく、ほぼ常に満床の病院でも。
投稿者:れい
病院事業という言葉に何となく違和感を覚えます。医療は社会福祉のひとつだから事業という利益追求の考え方にはなじまないんじゃないかという思いがあります。
しかし、理論的には、医療は私的財としての性質を持ちますから市場に委ねることによって効率的に供給されるはずですが、それがうまく行っていないのは、やはり行政の関わり方に問題があるのでしょうね。
AutoPage最新お知らせ