がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
れいさん、こんばんは。
法的根拠はわかりませんが、政管健保は主に中小企業の従業員のための健康保険で、税制などで優遇されていたりスケールメリットで収益が多い大企業が、下請けで苦しい思いをしている中小企業の健康保険を助けてあげるということなのかなと思います。柳沢伯夫前厚労大臣が「これ以上社会保障費を削れというなら、大企業はその一部を担え」と言ったのと、つながっているんでしょうか。
投稿者:れい
本題とは逸れますが、政府管掌健保の穴埋めを企業の健保組合にさせようとしていますが、これって何か法的根拠があってのことなんでしょうか?企業の健保組合にも公的資金なりが導入されているんでしょうか?素朴な疑問(無知なだけかも知れませんが)です。
AutoPage最新お知らせ