がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
れいさん、こんにちは。
財務省内にはおそらく、なし崩しの混合診療解禁を狙っている人が多いでしょう。その方が国費負担が減らせるからです。
それに対して厚生労働省は、今のところ「国民皆保険制度は守ります」という立場を堅持しています。なし崩しの混合診療解禁をしてしまうと、厚生労働省が自費診療の部分をコントロールすることはまず不可能です。そして財務省はさらに保険診療の縮小を迫ってくるでしょうから、相対的に(あるいは何らかの力で積極的に)自費診療部分が急拡大することになるでしょう。
これまでは財務省の顔は立てつつ、医療をコントロールする権限は厚生労働省が握っていたわけですが、混合診療が解禁されると厚生労働省の権限も縮小します。医療がコントロール不能になる事態を恐れているのか、医療従事者が自分たちの言うことを聞かなくなることを恐れているのかは、わかりません。
それで消滅する利権があるのかどうかについては、もっと知りません。

今回の裁判では、保険で認められていない活性化リンパ球輸注療法をおこなったため全額自費診療となったようです。この治療は有望視はされていますが確立されたものではなく、現状では保険適応とならないのは致し方ないところかと思います。でもだからといって元々は保険がきいていた部分まで自費にすることはないじゃないかという意見は、十分納得できます。
厚生労働省がすべてを掌握できるような医療ではなくなってきている現状では、線引きをきちんとできれば、つまり条件付きでの混合診療はおこなわれてもいいと考えています。

心配しているのはただ一点。「なし崩しの混合診療解禁」になってしまっては、経済産業省や規制改革会議、経済財政諮問会議の思うがままの医療に成り下がってしまう危険が大きいということです。ここまでの医療いじめ、患者いじめ政策は、そこへ持って行くための伏線としては大変よくできているのです。誰かが筋書きを書いて、それに沿って進んでいるのではないかと。
投稿者:れい
訂正

度々、すみません。
ブログではなくHPです。
投稿者:れい
追記

原告の方のブログです。
http://kongoshinryo.net/index.html
投稿者:れい
「国は医療費の公費支出を抑えようとし続けており、財務省は今後もさらに押さえ込むつもりだ。自費診療は公費支出が生じないので、混合診療が解禁されれば国は保険診療の範囲を縮小し、自費診療の範囲を拡大しようとすることは十分考えられる。」

先生のご意見は良く判りますし、概ね賛成なんですが、上のようなことが本当であるなら、医療費削減のためには解禁したほうが削減効果がでるにも関わらずなぜ国は解禁に反対しているんでしょうか?
AutoPage最新お知らせ