がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
christmasさん、こんにちは。
「このぐらいの内容、ボリュームが丁度いい」の感想、とてもありがたいです。医療の中に、緩和ケアの中にいると、どれぐらいが丁度いいのかわかってないかもしれないな、と思っていたので。
応用編となる本はたくさん出ているかなと思ったので、とりあえず考えてないです。応用編にあたるようなエッセンスは、あちこちで放出していきますです。個別にも。

春野ことりさま、こんにちは。朝早いですね。お弁当作り?
私もちょっと自信がついたので、この本を読んだ方がいい人(ほとんど全ての人なんですが)に知ってもらうための活動を、もうちょっとやってみようかな。でも「売名行為」とか「商売上手」とかって、一番貼られたくないレッテルなんですよねー。頑張ってみます。
投稿者:christmas
>異なる切り口で2人の現役医師が書いた本だが、目的は共通している。

 人の死に立ち会うことを、一般の人よりずっと多く体験する医師が、同じことをおっしゃる、、、という点から、私は両本に信頼を置いています。
 hirakata先生、がんになったら、やはりあわてます。突然告知を受けた人は、頭は真っ白、誰か詳しく知っている人はいないか、でも焦っているので聞いても頭に入らない…と。健康な人が知識として読むにしても、切迫感がないから詳細は忘れがちです。教科書としてなら、このぐらいの内容、ボリュームがちょうど読みごろに思います。応用編となる副読本は、別にお考えになったらいかがでしょうか。
 で、先生の次の出版はいつですか?(笑)
投稿者:春野ことり
過分なるご紹介、ありがとうございます。
私も先生の著書を読んで驚いたのです。
私があとがきに書いたことと同じ内容のことが、「がんになっても、あわてない」の冒頭の部分に書かれてあったので。
実用書と、小説という、ジャンルの違う本でありながら、「目的は同じ本」と私も思いました。
先生の著書はもっと多くの人たちに読まれるべき良本と思います。すべての日本人が、がんに対して正しい知識を持ってくれるように、願います。出版社が宣伝してくれるといいんですけど、ご自分でももっと宣伝されてもいいと思います。先生のご本は必ず多くの人たちの心を救うはずですから。

http://blog.m3.com/Visa/
AutoPage最新お知らせ