がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
れいさま、こんばんは。
以前は人工呼吸2回と心臓マッサージ(胸骨圧迫)15回、最近は人工呼吸2回と心臓マッサージ30回を“交互に”繰り返すという指導でしたが、人工呼吸に手間取っていればその間は心臓マッサージが止まって血液が循環していないので、その間のダメージが大きいのではないかという意見があります。実際、人工呼吸をしている最中に心臓マッサージをすると、空気が押し戻されてしまって息が吹き込めないんです。
気管内挿管といって、心臓マッサージをしながらでも空気が送れるように気管に管を入れれば、両方同時に続けることも可能になりますが、救急蘇生の現場ではそれは無理ですから。
投稿者:れい
普通に考えれば、心臓マッサージだけより人工呼吸と合わせてやるほうがいいように思いますが、結果はその逆だったということですか。ただ不思議なのは、回復率が心臓マッサージだけの患者が6%だったのに対し、両方受けた患者は3%で、心臓マッサージだけの患者よりも両方受けた患者の方が半分しかないという点です。同等なら話は判るのですが、人工呼吸をすることが何か回復率に悪影響を与えているということなんでしょうか?そうであれば、人工呼吸はしてはならないことになっちゃいますね。
投稿者:hirakata
Dr.Iさま、こんばんは。
少なくとも気管内挿管をしていない状況では、人工呼吸を間にはさみながら心臓マッサージをするよりも、心臓マッサージだけを続けた方が成績が良いという結果が、各国で出ているようです。かなり長い時間心臓マッサージだけを続けて救命された例もあり、心臓マッサージの動きで換気(呼吸)も多少はされているという説は、ありそうだと思っています。

ところで「医者のホンネが丸わかり!(改)」にこのブログを入れていただき、本当にありがとうございます。
これからも頑張りますので、よろしくお願いいたします。
投稿者:Dr. I
本当に不要か、って言われたら微妙ですけど。
少なくとも、救急隊が来る5分か10分くらいだったら、大丈夫そう、って事は言えそうですね。

でも、やった方が、より良いとは思いますけど。
まあ、1人じゃなくて、2人以上で、って事が前提になりますけどね。

ところで、話は変わるのですが。
おかげさまで、先日お願いした無料レポート
「医者のホンネが丸わかり!(改)」
http://www.gekizou.biz/report.php?aid=1971&cid=9539
が完成しました。
自分で言うのもなんですが、たくさんの方の
ブログが紹介できて、良いレポートになったと思います。

本当にありがとうございました。
今後とも、よろしくお願い致します。


http://blog36.fc2.com/kenkoubyoukinashi/
AutoPage最新お知らせ