がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
christmasさん、こんにちは。
とてもよくテレビに出てくる割には、比較的安定感のある発言をするようになってきたと感じます。本にそのように書いてあるなら、期待してもいいのでしょう。話すより書く方が、より整理された情報を提供できそうな人だという気はします。福田さんが「厚生労働大臣は桝添くんにやってもらおう」と言ってくれることを期待してみます。ちょっと出過ぎで、福田さんは出過ぎる人をあんまり好きじゃないんじゃないかなという心配はありますが。
投稿者:christmas
桝添氏が痴ほう症になった母堂を介護した記録本を数冊読みましたが、医療費を削るよりももっと楽に大きな金額を削れるところがあると指摘する内容も書いていました。また、本を読む限り、彼は地位や名声にうんと固執するタイプに見えなかったです。

TV画面で聴く彼の発言は調子が良く、その場しのぎ的な印象を持っていましたが、文章になると切れが良く、図太くて意外と温厚で、でも冷徹な面もあります。

「暴力には知力で対抗する」と何度も書いていることから、もう少し彼の行動を見守りたいところですが、時間がありませんね。たとえ次期ポストを得られなくとも、この人はさっさと頭を切り替えて次のステージへ突進しそうに見えます。
AutoPage最新お知らせ