がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
朝早くからコメントありがとうございます。
そう、医者も人間です。患者さんやご家族と話をしていて「この人は私に『超人であること』を求めているんだな」と感じることがたまにあります。立場を逆にすれば「人間に対しては無理な要求」だということは明白なんですが。でも自分もそれに応えようとしてしまったりするので、1人でやる緩和ケアはこれでは長く続かないよなと感じたりする今日この頃の私です。
投稿者:平方先生のファン
医師も人間です。求められる医療、医師像がハイレベルになりすぎている現状がある気がします。現場で働いていてもそう思います。
先生、お体大切にしてください。
投稿者:hirakata
今は緩和ケアというと特殊な医療のイメージがありますが、病院医療の現場でも在宅医療の現場でも、どこでもあった方がいい医療だと思うんです。そのためには、今回の記事のように「緩和ケアの人」が頑張るだけでは全く追いつかないので、これまでは「緩和ケアは私たちには関係ない」と漠然と思っていた医療従事者の中にもどんどん拡げていって、最終的には「気がつけばどこにでもある緩和ケア」状態にできればいいなと思います。
投稿者:花梨
緩和ケアを考えさせられますね。

http://blogs.yahoo.co.jp/isituka_mitiko
AutoPage最新お知らせ