がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
きさらぎさま、こんばんは。

尾長氏のエピソードは、あまりはっきりしない結末で終わってしまいそうですね。それ以前にこのマンガは、いろいろなエピソードを立ち上げておきながらいつの間にかどこかへ行ってしまっているものが多いように感じます。

データの出し方や選び方にも恣意的な選択があったように思いますが、最近はそれも少なくなってきて、ますます説得力や訴求力が薄れてきているように感じます。強い宣伝文句は、それを補おうと無理をしているようにも見えて、「効かない健康補助食品の広告」に似ている印象を受けてしまうのは、考えすぎでしょうか。
投稿者:きさらぎ
平方先生、おはようございます。

お忙しい中での書き込み、お疲れさまです。私も楽しみにしております。

尾長氏の話、釈然としない終わり方ですね。
尾長夫人の態度や「緊急役員会議」の内容、生方副院長の進退、いずれも中途半端な感じがしました。

この作品は、データを出して正確さを持たせようとするところと、印象論やイメージで押し通そうというところが並存しているので、全体として説得力がないなあと思ってします。
投稿者:hirakata
カルストさま、こんばんは。

毎日いろんなことが起こるので、やらなきゃいけないことを最優先に、その他のことをマイペースで優先順位の高い順にやっていたら、次の号が出てからようやく書く感じになりました。

尾長氏の話は、生方副院長の首切りが幕引きみたいで、すっきりしませんね。真道医師とのやり取りで尾長氏の妻が納得したというのも説得力に欠けますし、週刊誌やテレビも「まだ収まってない」という記述で、これで終わりになるのでしょうか。でしょうね。

次号もぼちぼち読んで、ぼちぼち書きます。
投稿者:カルスト
平方先生、こんばんは。

この作品の話はもう書かれないのかな?と思っていましたので、今回の書き込みを拝見して嬉しい限りです。
さて、尾長氏の話はずいぶんと尻すぼみな印象を受けました。あれだけ壬生医師に対して不信感を持っていた尾長夫人が、ずいぶんあっさりと引っ込んだなという印象ですし、週刊誌の追求もあっけない感じがします。
大柴医師の話など、結局何を言いたいのか(やりたかったのか?)よく分からない展開が続いていましたが、次回からは従来の近藤医師の主張に近い話になりそうなので注目ですね。
AutoPage最新お知らせ