がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:カルスト
hirakata様、おはようございます。

個人的感想ですが、いい本だと思いました。ご自分の患者さんの例を引きつつ、抗がん剤は使うか使わないかの二項対立ではないという説明は頷けましたし、人によって置かれている立場も体質もがんの性質も異なるのだから、「がんは放置すべき」とか「抗がん剤は使うべき」というような決めつけは誤りだという主張は納得できるものでした。
ご参考になれば幸いです。
投稿者:hirakata
カルストさま、おはようございます。

先日書店に立ち寄ったとき、この本見かけました。時間がなかったのでさらっと斜め読み、というか直滑降読みぐらいのチラ見しただけですが、良さそうな本だと思いました。高野利美先生という名前も、その時初めて見ました。買った方がいい本かどうか見定める時間がなくて、まだ買っていません。また本屋さんに行ってみます。
投稿者:カルスト
hirakata様、こんばんは。

最近、あるブログで紹介されていた本を購入して、先ほど読み終わりました。がん治療についての本で、著者は第一線で治療に携わっておられる腫瘍内科医です。大変興味深い内容で、私自身、色々と考えさせられました。

「がんとともに、自分らしく生きる」という本で、著者は高野利美氏という腫瘍内科医の方ですが、hirakata先生はご存じでしたか?

どの話題に書き込もうかと迷ったのですが、近藤医師の話にも触れられていますのでこちらに書き込みました。
投稿者:hirakata
カルストさま、おはようございます。

私も、同じ人の話を別の話として改めて書く、このマンガでよく使われる手法なのかなと思いました。人物に関しても、来栖医師も真道医師も大柴医師も近藤誠氏を流し込んでいるように見えますし、芸能人の手術も人物を変えて再度出してきたことがありました。

医療の裁判は、本当に難しいです。事実がどうであったのか、不幸な結果の原因は本当に医師にあったのか、お互いの主張は感情や想像や思い違いがどれくらい影響しているか、検察や裁判官はどこまで理解して判断をしているのか、回りの人の意見はどのように影響しているか。このようなことを考えた上で「医師は有罪」(刑事事件)とか「賠償責任がある」(民事事件)と断罪することができる事例は、そんなに多くないはずだと思います。

最近でもテレビで「また医療事故のニュースです。」と始められたニュースを見ました。医療ミスと医療事故の区別もしないで語っている印象でした。命を助けようという医療が、どれくらい細かくて臨機応変な判断を求められるものか。それを知らせるような役割をマスメディアは果たしてほしいなと思います。視聴者の感情におもねるのが仕事じゃない。

裁判員裁判は、素人がやるものであるので、大原則をしっかり教えてもらえるようですね。判決によって、被告の運命を左右するんですから慎重になって当然ですが、裁判官も同じ姿勢で臨むのが本来なのではないかと思います。多くの裁判官は合理的なんでしょうが、トンデモ判決を連発している人もまだいます。
投稿者:カルスト
hirakata様、こんばんは。

今回の話ですが、意に反した手術で乳房を全摘出され、最高裁まで闘って勝訴したっていう話をこの作品でちょっと書いてたような気がするのですが。私の記憶違いでなければ、同じ話を別の人物の話として書き換え、自説の補強をするという定番の手法でしょうか。
ところで、医療裁判やマスコミ報道については、私も考えるところがあります。私はどちらかというと左翼系に属するので、以前は医療過誤に関する報道は全部鵜呑みにしていました。ですが、最近はかなり見方が変わってきました。杏林大病院の事件や、大野病院事件の経過を見て、そう考えるようになりました。白い巨塔のような事例もあったのだろうとは思いますが、先入観を持ってはいけないということなのでしょう。
疑わしきは被告人の利益に、というのは、日本の裁判では長く置き去りにされてきた気がします。裁判員裁判になってから、素人故に愚直にこの原則を守ろうとしているような気がしますが。
AutoPage最新お知らせ