がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:あおぞら診察室
在宅を本気で考えて実践しているクリニックもあります。今回の厚労省のリサーチ記事・今更という感じ。現実に頑張っている医者をさらに応援して下さい。今回、この規制が外されるときっと大手のチェーン組織が出来るでしょう。又また個人で頑張っている先生が苦境に陥るのではないかと危惧されます。
投稿者:hirakata
Vnおやぢさま、こんにちは。

そうなんです。これだけ在宅医療を推進しておきながら、現場で在宅医療をやっている人たちがどんな風に工夫して、どんな風に連携して、それぞれの仕事を確立していっているかということを厚労省はご存知ない。

高専賃やサ高住の仕組みを利用して「胃ろうアパート」を作って儲けたなんていうのが引っかかってるのかもしれませんが、そんな奴は別の法律でしょっ引いてもらうことにして、これまで積み上げてきた地域医療の仕組みをぶっ壊すことのない制度にしてほしいです。
投稿者:Vnおやぢ
「施設ごとに担当の地域を決め、住民から依頼があれば訪問することを義務付ける。重症の患者を避けて軽症の患者だけ選んで診察するようなことがないようにする。」
同じところに目が行きました。こんなきせいかけてちゃ、訪問診療の専門性や個別性もあったモンじゃないし、そもそも地域を決めるってどういうせんびきをするかも微妙ですよね。来年4月まで、どこまでブラッシュアップできますか。興味津々です。
AutoPage最新お知らせ