がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
山口(産婦人科)さま、きらきら星さま、おはようございます。

私がこのマンガや近藤氏の言論活動について意見を書いているのは、患者さんやご家族や患者さん予備軍(関心のある普通の人)の中に、「近藤理論」を信じて疑わない人がとてもたくさんいるのを実感しているからというのが、一番の理由です。

一般の方に対して講演したりすると、「近藤誠先生の理論についてどう思われますか」と、質疑応答の時間に質問が出たり、講演後の時間に個人的に聞かれたりすることが非常に多いです。近藤氏の本をとてもしっかり読み込まれている方が多く、単純化された「理論」なので強く信じることが可能なのです。

現実のがんは「がんもどき理論」のような単純なものではないので、簡単に理解していただくのは無理ですが、「近藤理論はおかしい」と言うだけでは「反論できないんだ」と判断されてしまうので、時間がかかってもおかしなところにはきちんと反論するようにしています。

いわゆる「近藤理論」は、「がんは放っておくのが一番」と言っているんですが、がんは病気ですから、人生にとって嫌なことを山ほど仕掛けてきます。症状にしても、命が短くなる影響にしても。そういう「残念な出来事」に、近藤先生は対応してくれているとは思えません。

がん医療の現場で仕事をしている医療従事者は、そのような「残念な出来事」に、真剣に向き合っています。そういう時に、「医者は金儲けしか考えていない人たち」「親切に見えるけど、裏では何を考えているかわからない」「医療は信用できない」という目で見られるのは、気持ち良くないだけでなく、患者さん本人も含めてみんなが損をします。

現在のがん医療が完全無欠だなんて全く思いませんが、完全に駄目なはずもないと思っています。上手に医療を利用することすら否定する近藤先生の言論には、これからも何か言い続けていくだろうと思います。
投稿者:きらきら星
まともに勉強していない偽医者の駄文をご自分の思考過程の中に入れてはいけません。考える余地がどこにもない駄文を読んではいけません。
投稿者:山口(産婦人科)
うーん、胸の悪くなるような話が続きますねえ。先生はよくおつきあいなさってます。私なら1話目で投げ出して終了です。
私が新米だった頃の近藤氏の本には、見るべきところもありました。しかしもうそれから30年。劣化する一方という印象しかありません。
AutoPage最新お知らせ