がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
山本直樹さま、こんにちは。

消費税増税を来年するべきか延期すべきかについては、さまざまな意見があって当然だと思います。どれも理屈が通るのが、困ったところです。相矛盾した経済理論があっても、それぞれは筋が通る。それは「どちらの未来もあり得る」からです。でもノーベル経済学賞を受賞した人の経済理論でも、空想の域を出ないというか、実証のしようがないものがいくつもあります。「なんちゃってノーベル賞」ですから、あまり信用しすぎるのは良くないとは思います。個人的には、「増税したけど期待した税収が得られなかった」という事態を防ぐために、今回の延期は妥当な判断だったと考えていますが、現実の未来はどうなるのでしょうか。

私も憲法前文、9条第一項は、守るべきだと思います。そこを変えることを目的としているのであれば、それには反対します。変えてしまえるような道を開くのであれば、それにも反対です。でもなし崩しに改憲されることはないし、日本国民も「戦争しよう」という人が多数派になることは絶対ないと思うので、日本のための憲法に改めていくことは、すべきではないかと考えています。

今の自民党の中には、安倍晋三氏の強力なライバルにになる人はまだいないように思うのですが、総裁選までに現れるのであれば、それは楽しみです。これも、どうなるでしょうか。
投稿者:山本直樹
http://www.sankei.com/column/news/141122/clm1411220002-n1.html

【主張】
衆院解散 再生進める構想を競え 憲法改正、安保も重要争点だ

前略
 同時に掲げるべきものは、憲法改正だ。安倍首相は産経新聞のインタビューで「いよいよ、その橋を渡り、どういう条項を改正すべきかという段階に至っている」と語った。

 改正の中核といえるのは、日本の安全保障を確かなものとするための9条改正だ。集団的自衛権の行使容認後も、自衛隊の「軍」としての位置付けを明確にするなどの課題は残されている。

 集団的自衛権の行使容認の閣議決定をめぐり、菅義偉官房長官は「自民党はすでに憲法改正を公約にしており(信を)問う必要はない」と述べたが、争点化に慎重と受け取られないか。

 憲法改正や安全保障法制の整備が実現するまで、その重要性は繰り返し訴えるべきだ。
後略
産経新聞の今朝の社説です。
安倍首相の本音は憲法改定のようです。私は憲法原理主義者ではありませんが憲法の前文と、9条の第一項は変えるべきではないと考えています。
投稿者:山本直樹
http://www.theguardian.com/world/2014/nov/18/japan-calls-snap-election-shinzo-abe

Guardianの記事です。
While Abe is certain to find support for the tax delay among cash-strapped voters, he has yet to convince fiscal hawks in his party that Japan’s debt crisis can be set aside.
Anything other than a resounding victory could encourage those seeking to replace him when the LDP holds regular leadership elections next September, said Tobias Harris, a Japan analyst at Teneo Intelligence. “While Abe will win support for his decision to postpone the second tax hike, he will have to answer for the recession that has now occurred under his watch as well as for the broader failures of Abenomics to raise household incomes,” he said.
“Anything more than a marginal reduction in the coalition’s seat share will be a personal defeat for Abe – even more so if the ruling coalition loses enough seats to be deprived of its super-majority.”
Harris added that any significant reduction in seats could undermine Abe’s premiership and raise the likelihood that he would face a challenger in the LDP’s leadership election.
私はcash-strapped voterであってfiscal hawkとは自分で考えていませんが消費税の増税の延期には反対です。衆議院における現在の連立与党の圧倒的多数を少しでも損なうことになれば、安倍氏個人にとっては痛手となります。ましてや過半数を割るような事態になればなおさらのことです。
与党の敗退という事態に陥れば安倍首相の任期は危ういものになり、来年の自民党総裁選挙では有力なライバルが登場することになるだろうとしています。
私は自民党の良識的なハト派に期待しています。何としてでも、私は安倍首相の政権からの退陣に追い込みたいですね。
AutoPage最新お知らせ