がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
↓まちがえた。

×ウイルス → ○ワクチン
投稿者:hirakata
まーこさま、こんばんは。

コガタアカイエカは、まだいるんじゃないでしょうか。デング熱の感染者は100人に迫る勢いですし、代々木公園から離れたところでの感染も広がっているようですし、終わりが見えませんね。

デング熱が重症化する仕組みが、他のウイルスとは違っているんじゃないかという説が出ていて、それでうまくウイルスが作れないという話もあります。発展途上国に多い病気のためか、研究があまり進んでいないようです。
投稿者:まーこ
こんばんは。日脳のコガタアカイエカはどこへ行ってしまったんでしょう・・・西日本にはいるのでしょうか?デング熱感染者増えましたね。ワクチンがどうたらこうたら・・・武田がアメリカの製薬会社のワクチンを先物取引みたいに去年買っていたとか魑魅魍魎の世界です。
投稿者:hirakata
栞さま、こんばんは。

そうなんですね。模様が違うんですか。私が見た写真だと、ネッタイシマカの写真が少なくて、しかも人の血を吸っておなかが赤くふくれているのが多くて、ぱっと見違いがわかりませんでした。でも違いを知っても、あんな小っちゃい蚊の模様を見る前にやっつけちゃいそう。

まーこさま、こんばんは。

もっともです。このへんにいないなら見分ける必要ないですね。
投稿者:栞
こんばんは。

ネッタイシマカは胸背に竪琴状の白色斑がありそこがヒトスジシマカとの違いらしいです。
ネッタイシマカかつては沖縄や小笠原諸島に生息していましたが今は生息していないらしいです。だだ
航空機で運ばれる事もあるので定着の可能性は皆無ではないらしいです。
投稿者:まーこ
住んでるところが違う・・・
AutoPage最新お知らせ