がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2019年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
physicianさま、おはようございます。

実用につなげるには、成人ヒト細胞からの初期化方法が確立されることが必要です。なんですが、遺伝子導入などの手法を用いずに、哺乳類の分化した細胞から万能細胞を生成したというのは、nature誌に採用されたぐらいだから事実でしょうし、世紀の大発見と言っていいだろうと思います。

ただおっしゃるとおり、成人ヒト細胞からの万能細胞の生成は、簡単にはできないんじゃないかなとも思います。ここもコロンブスの卵的な手法で克服できたら小保方さんは「持ってる」人だということになるんでしょうが、一筋縄では行かないでしょう。でも期待しています。
投稿者:physician
えっ?ホント?と言うのが正直な実感。
機序が解明されれいないので。
生後間もないマウスの細胞でできても、成人のマウスの細胞ではできない。
ヒトでも赤ちゃんの皮膚の細胞では作成する研究がハーバード大学で始まったようですが。
ヒトの成人の細胞でできないと、どうなのかなっていう印象です。
AutoPage最新お知らせ