がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
山本直樹さま、こんばんは。

たしかにかなり批判的ですね。もっともニューヨークタイムスですから、記事にいろんな力が作用している可能性も少なくないですね。ニューヨークタイムスの「触れてはいけないところ」に触れたんでしょう。米国でのロビー活動は、日本は圧倒的に負けていますね。日本を貶めることで利益を得ることができる人たちが、妙な形でグローバルに(笑)つながっているので、日本の主張を世界に認識してもらうのはかなり大変だと思います。

それ以前に今回の麻生氏の発言は、これまでの失言に負けない「全くダメ」な失言ですけどね。野党はあまり考えなく麻生氏を失脚させようとするだろうけど、今の内閣で麻生氏が抜けることは、国益を損なう可能性が高いので、ここは穏便に済ませた方がいいんじゃないかと個人的には思ってます。
投稿者:山本直樹
New York Timesからです。outspoken nationalistがslips of tongueしたと書いています。かなり批判的です。
Still, the uproar over the comments by Mr. Aso, an outspoken nationalist who is also known for slips of the tongue, seemed to confirm the fears of some Japanese and other Asians that members of Mr. Abe’s government want to revise current views of World War II to present Imperial Japan, an Axis ally of Nazi Germany, in a more positive light. The gaffe was also the latest in a string of recent incidents, including nationalistic displays by South Korean and Japanese fans at a soccer game, that have raised concerns that disagreements over interpreting the war could isolate Japan from the rest of Asia, where there are still bitter memories of Japan’s early 20th-century empire building.
AutoPage最新お知らせ