がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:フートン
JA長野ビルの画像使用のご許可ありがとうございます。クレジットを入れて掲載させていただきました。

http://fouton.main.jp/
投稿者:hirakata
makiuchiさま、こんにちは。

ご参加いただき、ありがとうございました。また、講習内容を伝達していただいたとのことで、嬉しいです。緩和ケアの現場では、困っている人に役立つノウハウが日々求められますが、そこで経験に裏打ちされて蓄積されたノウハウは、困っている人がいる他の現場でも必ず役立つはずと思います。

今回のセミナーでは、長野県の中でも緩和ケアの現場経験が長い人たちが講師に揃ったので、伝え方に関してもかなり質の高いものになっていたのではないかと思います。

バブルの遺産で大変な病院は、20年2月じゃなかったでしたっけ?勘違いしてるかな?今はどうなっているんでしょう。

これからもよろしくお願いいたします。
投稿者:makiuchi
初めて先生にメールさせていただきます。makiuchiと申します。
平成19年に先生に終末期の症状コントロールに関する講演をしていただきました『バブルの遺産』を抱えている病院で勤務しています。

北信州コメディカル緩和ケアセミナーは2回とも参加させていただきました。
とても勉強になり、特に精神症状についての理解や、コミュニケーションスキルに関するところは今すぐにでも臨床で役立つと思い、チーム会で伝達をさせていただきました。ありがとうございました。

今後とも、よろしくお願いいたします。
投稿者:hirakata
フートンさま。

この画像でよければ、どうぞお使い下さい。
投稿者:フートン
平方 眞 先生
金融機関の本店の画像(JA長野県信連)を探しております。できましたら、ご掲載のJA長野ビルの画像を、私のウェブサイトに拝借したいと存じます。ご許可いただけましたら幸いです。よろしくご検討お願い申し上げます。



http://fouton.main.jp/
投稿者:hirakata
keikoさま、こんばんは。

昨日の緩和ケアセミナーは、全国どこに出しても恥ずかしくないようなレベルだった気がします。長野県内でも、私が知っている諏訪中央病院や愛和病院では、グリーフケアのさまざまな取り組みをしています。ただ、どこまで役に立っているかとか、グリーフケアが届かない(手紙に返事をしたり集まりに来たりする力がまだ出ない)人にはどうすればいいかなど、工夫を重ねていかなければいけないと思います。

次のセミナーの予定が決まったら、今度は早めにお知らせします。
投稿者:keiko
先生、こんにちは。昨日のセミナーのような企画が
あれば、今度はぜひ行ってみたいです。     昨年、母をがんで亡くし、グリーフケアについて知りたいこともあり山田院長のお話も聴いてみたかったです。グリーフケアを取り入れている医療機関や場所は長野県にあるのでしょうか。またセミナーのある時はお知らせしてくださいね。 
AutoPage最新お知らせ