がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
Takeさま、こんにちは。

お会いできなくて残念でした。でもご縁があるので、またそのうち会うでしょう。お互い、体を大事にしながらその時まで過ごしましょう。
投稿者:Take
文字化け大変失礼いたしました。山●(「崎」つくりの上が立つ)牧師の崎がNGだったようです。
愛和病院さんとはいろいろとご縁つながりがあり驚いております。Tさんたちのグループともテント内で交流したり、薬剤師のかたともご一緒させてもらったり、また14日は御病院での茶話会にまで参加させてもらい一緒に楽しく過ごさせてもらいました。
先生とはご一緒に歩くことがかないませんでしたので、次回は是非ご一緒させていただきたいと思います。

http://take1960jan.blog81.fc2.com/
投稿者:hirakata
山本直樹さま、こんばんは。

来ていただいてありがとうございました。

準備に関しては、実際に会ったりネットで情報をいろいろやり取りしたんですが、私としてはちょっと不完全燃焼な感じが残ってしまいました。でも、来ていただいた方には「緩和ケアを使いたおそう」というタイトルの意味は伝わったかなと思います。

「緩和ケアを受けてもいい状況になったら、徹底的に緩和ケアを使い倒すんだ」と思ってくれる人が増えたら、それに応えて緩和ケア側の体制も充実させていく気運も高まるでしょうから、今回のタイトル設定は戦略的にも間違っていないかなと思います。

公園のキャンドル、きれいでしたね。ぐるっと周回コースに置いてあるキャンドルは本物のろうそくで、階段や「HOPE」のところのキャンドルは、LEDが光る火事の心配がないものでした。でもLEDの方が光がゆらゆらしてほの暗く、良くできているなーと思いました。

袋に一枚一枚書かれていることばが、本当に素敵でした。明日もありますけど(私は出番はないけど行ってみようと思っています)、いろいろな人の元気につながるイベントとして、長野でも毎年行われるようになればいいなと思います。
投稿者:山本直樹
講演興味深く聞かせて頂きました。
ありがとうございました。
良く準備された講演会と思いました。
また公園の幻想的なキャンドル素敵でした。
袋に書かれた文章も感動的でした。
投稿者:hirakata
Takeさま、こんにちは。

一行目が文字化けしてしまっていて読めません(読める人もいるのかな?)が、よろしくお願いいたします。時間はたくさんあるので、なるべくいろいろ参加して、楽しもうと思っています。夜のことを考えると、寒くない備えも必要でしょうね。
投稿者:Take
山核匯佞茲蠕萓犬盥峪佞任柑臆辰覆気譴襪箸ネ垢C靴導擇靴澆砲靴討「蠅泙靴拭

http://take1960jan.blog81.fc2.com/
投稿者:hirakata
山本直樹さま、おはようございます。

どれくらいの人が来て下さるかわかりませんが、がんを持った人、がんを克服した人、がんについて心配がある人、そういう人たちの回りの人など、多くの人の役に立つイベントになるといいなと思います。よろしくお願いいたします。
投稿者:山本直樹
平方先生
私も石田チャプレンと一緒に参加させていただきます。
投稿者:hirakata
まーこさま、おはようございます。

上の記事にも書き足しましたが、私たちの「緩和ケアトーク」は午後5時から6時の予定です。場所は、城山公園のすぐ東の、長野清泉女学院高校講堂です。遠いですけど、もし可能でしたらいらして下さい。

それと、近日中にこれも記事を書きますけど、10月23日(火)午後、東京国際フォーラムでGEヘルスケアジャパンが主催する「GEヘルシーマジネーションデー」というイベントにも出ます。これは日本の医療の将来像を構築しようという集まりで、私が話せる時間は少ししかないだろうとは思いますが。

長野にいらっしゃるなら、この時間なら日帰りも可能ですし、どこかに宿を取ってもいいんじゃないかと思います。無理のない範囲で考えてみて下さい。
投稿者:まーこ
楽しそう。先生のお話聞けるなら行きたいな。大分遠いけど。
AutoPage最新お知らせ