がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
りかゆさま、こんばんは。

来ていただいて、ありがとうございました。

大変有意義な集まりだったと思います。時間ができたら、忘れないうちに会の内容を別記事にまとめたいと思っています。動画もどこかで(全医連ホームページ?)見られるようになる予定です。

みんな「より良くなるように」頑張っていると思うんですが、いろんな原因でうまく行かなかったりするんです。それは余裕がないせいだったり、制度設計がまずいせいだったり、「より良く」の対象が違ってぶつかってしまったり、誰も悪くなくて病気のせいだったり。

講演にもあったように、これから亡くなる人が急増していきますが、その中で不幸なできごと、不幸な気持ち、残念ないさかいなどができるだけ少なくなって、できたら幸せなこと、幸せな気持ちが増えていくようにするにはどうすればいいか、考え続けて行きたいと思いました。
投稿者:りかゆ
はい、全くの一般人でしたが、聴講参加いたしました。

「自分の親を看たら減給になり、他人の親を看たらお金になる」という矛盾的現実、そして平方先生をはじめ患者側以上に患者の為に葛藤して下さる医療・看護・介護従事者側の方々がいらっしゃるという有り難い事実を知りえる稀有な機会となりました。

今度、病院にお世話になることがあれば、このシンポジウムを思い出し、よりよい看取りになるよう努力します、努力出来る気がいたします。
AutoPage最新お知らせ