がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
栞さま、こんばんは。ありがとうございます。

できることをできる範囲でというのは、無理をしないという意味もあります。手を抜きすぎてもいけないけど、頑張りすぎてもいけない。でも調子の波もあるし、寄る年波というのもあるので、今が丁度いい頑張り具合なのかどうか、わからない時もよくあります。「ここは頑張り時」というのもあるし。難しいですね。
投稿者:栞
たいへん遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます。「できことをできる範囲で」そうできれば
理想ですね。
投稿者:hirakata
もも(*u_u)さま、こんばんは。

ありがとうございます。ネット時代になったためなのか、50という節目の年だからなのか、このブログ以外でもfacebookやSNSやメーリングリストなどで、とてもたくさんの「おめでとう」をいただきました。ありがたいことです。

50なんですよ。若く見えるとは言われます。どこかの医学ニュースで、見かけが若い人は身体年齢も若い傾向があると書いてあって、本当にそうなら嬉しいなと思っています。何年か前は「このペースで働いていたら、絶対に早死にする」と思う時期がありましたが、愛和病院で拾っていただいてからは、不思議なことにその頃より白髪も少なくなっていたりします。

今の状況になると、いっぱい働きたい気持ちもありながら、長く生きたい気持ちもあったりします。そうなるようにバランスにも気をつけながら、自分に与えられた仕事をしていきたいと思います。
投稿者:もも(*u_u)
先生、こんばんは。
遅れましたが、誕生日おめでとうございます!

50歳なんですね、もっとお若いと思っていました。
私も6月が誕生日です、ちょっと嬉しいです。

お忙しいのに、いつもお返事もありがとうございます。
先生には、長生きして欲しいです(*'ー')
投稿者:hirakata
Kanegonさま、ありがとうございます。

神戸でどんちゃん騒ぎだーヽ(▽ `)ノワーイ♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ヽ( ´▽)ノ

一応仕事だということは、頭の片隅に残るぐらいに(越えそうだったら止めて下さいね)。座長もあるし。
投稿者:hirakata
山本直樹さま、ありがとうございます。

どのような生き方をしてきても、最後に帳尻を合わせることは可能だという実例を何人か見てしまったので、ひどい生き方でも良い死は迎えられるかもしれないと思います。

でもそれに気付いてしまった私がそのような生き方をするのは詐欺的行為だとも思うので、誠実に生きるのが死ぬ時に後悔しないためには必要かなと、私も思います。

ただ、誠実であることと愚直であることは同じではないので、不誠実な人に人生台無しにされないようにという警戒は、した方がいいのかなというぐらいは人生の中で学習しました。誠実な人だけで構成されている社会なら、そんな苦労はしなくていいんですが、これも自分にとって「社会について考える力を鍛える栄養」にはなっているかなと。

「世の中の幸せや笑顔を増やすには何をすればいいのか」という価値を中心に据えて、これからも力まず怒らず気を抜きすぎずに、できることをやっていきたいと思います。
投稿者:Kanegon
お誕生日おめでとうございます。神戸でお祝いをしましょう。
投稿者:山本直樹
お誕生日おめでとうございます。いつも先生のブログを拝見することから私の一日が始まります。今日は大学で講義のため少しゆっくりしています。先生の幅広い知識と教養には驚くばかりです。いつも先生の中庸で偏りのないお考えを参考にさせて頂いています。やはり誠実に生きる事につきるのでしょうか。それが良い死を迎えるための必要条件のような気が致します。多くの人の看取りから学んでいます。
投稿者:hirakata
Tak.SPIKEさま、こんばんは。

「それほど間違ったことはしていない」とは思えるんですが、人生思うようにはいかないなという思いもあります。それは不可抗力によるものもあるし、自分の未熟さや対応のまずさによるものもあるし、気が短くなってしまって失敗したこともあるし。

でも「誰がどこから見ていても(超能力者でも、神様でも)、恥ずかしくないように生きるには、表裏がないように、隠し事がないように生きるのが一番無駄がない」と10代の頃に思ってから、そのように生きることを基本姿勢としてきました。

それを基本としていたら、「隠し事があってそれを隠すために労力を使うよりは、隠さなきゃいけないようになることは最初からしない方が、楽に生きられる」という副産物にも気がつき、より間違いをしにくくなったかなと思います。

世の中には「隠し事のない人生なんて、楽しくない」と思っている人もいるようですが、そんな生き方をしていたら、私の場合は人生の使命を果たせないような気がして。使命が何なのかは、まだよくわかっていませんけど。

Tak.SPIKEさまも同年代なんですね。一緒にちょっとずつでも前に進んで行きましょう。
投稿者:hirakata
miminnekoさま、こんばんは。

ありがとうございます。見習っていただけるところはいただいて、人生良くする助けに少しでもなれれば、私の幸せでもあるしmiminnnekoさまの幸せでもあるし、社会の、地球全体の幸せでもあると思います。地球全体からみればささやかでも。
1|2
AutoPage最新お知らせ