がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2020年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:コンドウマコト
hirakataさま、おはようございます。

あなたが言われるよに、いつまでも、ナントカ症候群という誤魔化医療を喧伝して、治せず、治さずの医療でも、いつの日か治せることができれば、それはそれは素晴らしいことだと思います。
あなたの信じる医療でいつまでも、ナントカ症候群で誤魔化してください。
投稿者:hirakata
コンドウマコトさま、こんばんは。

前回のコメントと合わせると、本物の近藤誠先生なら使わないであろう言葉をいろいろ使われているので、別人物だと判断しています。あなたが言われるように、自然療法や代替療法で全ての病気が治れば、それは素晴らしいことだと思います。あなたの道でどうか頑張って下さい。
投稿者:hirakata
きささま、こんにちは。返事が遅くなりました。

御指摘のとおり、骨髄異形成症候群はさらにいくつかの病期に分類され、急性骨髄性白血病になることがあります。ただ、骨髄異形成症候群を経ていない急性骨髄性白血病に比べると、骨髄検査で同じように見えても勢いが激しいものも穏やかなものも含まれていて、染色体異常もさまざまなパターンがあります。そのあたりのことを書き始めると複雑になりすぎるのと、高齢者の骨髄異形成症候群では積極的治療が難しい急性骨髄性白血病も多いため、そこまで踏み込まない記述にとどめてしまいました。これからの情報提供の参考にさせていただきます。
投稿者:コンドウマコト
現代医学は、病気の原因が何なのか全くわかっていないし、わかろうともしないから、ナンチャラ症候群って名を付けては誤魔化してるんだよ。笑っちゃうよね現代医学には(爆笑)。

病気の原因がわかると簡単に治ってしまうから、困る医療輩どもが多く出る。
だからナンチャラ症候群にして曖昧にする。
よって、永遠に治せずに稼げる。

これが現代医学の罠であり闇だよ。

これに気付いている頭のいい人達は、現代医学には近づかないで、真の代替療法や自然療法で難病も癌も治す。
これがこの世の真理。

医療費が何故右肩上がりで増えてる?
病院は病人だらけで薬漬け。

早く気付けよ。

早く気付けよ、現代人どもよ。
投稿者:きさ
骨髄異形成症候群は急性骨髄性白血病に移行してしまうことも言及してもらいたいなぁ、と個人的に思いました。私が発見時すでに移行していたので。
AutoPage最新お知らせ