がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
Vnおやぢさま、こんばんは。

ゆっくりご挨拶できず、失礼しました。第2会場前のロビーの一部がPC受付だったので、人が多く集まるセッションはその場で聞けて、得をした感じです。他の会場が持ち場の人の中には「何にも聞けなかった」という人もいたので。

「事例から考えるスピリチュアルケアの実践」のセッションは、面白かったですね。全体の組み立て方も面白くてわかりやすかったし、何と言ってもメンバーがすごかった。村田久行先生なんてお名前はたくさんお見かけしていたんですが、ご本人を目の前で初めて見て(PC受付に来られた)話を聞けて、やっぱり本物はすごいやと思いました。

最初のロールプレイと村田先生の切り分けを見比べると、頭と心を使わずに(あるいは能力が求められるレベルに達せずに)形だけ村田理論をなぞっても、意味が無いどころか患者さんを傷つけることにもなるというのが、よくわかりました。「言い換えてはいけない」ということも言われていましたが、私はよく言い換えをしてしまうので(それで失敗したことはあまりない気がするんですが)、警句として心に留めたいと思います。

学会の前の日も早朝に家を出て母校の行事に参加してから前日準備、学会の間は気を使ったり会場内を走り回って連絡したり宴会にもくまなく参加したりで、結構疲れてると思います。疲れをうまく抜きながら、仕事も頑張ります。

ではまた。
投稿者:Vnおやぢ
平方先生。大変お疲れ様でした。「事例から考えるスピリチュアルケアの実践」を聞いてて(立ち見でした)先生をお見かけしました。ご挨拶そこそこで大変失礼いたしました。お疲れのことと思います。ゆっくりお休みください、と言っても日常業務始まってますよね。お疲れが出ませんように。
AutoPage最新お知らせ