がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
ひまわりん5さま、こんにちは。

息子さんがこのプロジェクトに加わっているとは、すごいですね。ドッキングも成功して、2回続けての「完全な成功」は、偉業です。「行き」だけでなく「帰り」も使えるようになったり、信頼性を極限まで高めて人が行き来できるロケットになったりすれば、もっとすごいですね。そこまで行けるかどうかは商業利用が軌道に乗るかどうか(日本は軍事利用で伸びるわけにいかないので)にかかっていると思いますが、期待しています。
投稿者:ひまわりん5
息子が三菱電機の宇宙プロジェクトで働いています。
今回のコウノトリ2号のドッキング成功の知らせは嬉しい限り。日本の技術のすばらしさに感銘!
 
投稿者:hirakata
首都圏の産科医さま、こんにちは。

これだけの重さの荷物を、秒速約8kmで飛んでいるISSへピンポイントで届けてドッキングさせるなんて、考えれば考えるほど信じられなくなるくらい、高度な技術の結晶ですね。しかも発射が2日遅れたのに、到着は予定通り(つまり旅程を2日短縮!)らしいです。是非完全な成功を収めてほしいです。
投稿者:首都圏の産科医
うまくドッキングまで行くと良いですね。
これは誇るべき技術です
AutoPage最新お知らせ