がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
栞さま、こんばんは。

都会でも、一人暮らしの高齢者などに対しては、地域の中で気にするネットワークが、意識して作られて機能しはじめたりしているところも、結構あります。昔ニュータウンと呼ばれたところも、高齢者だけの世帯とか高齢者の一人暮らしが急増しているので。

今回の騒ぎになっている人たちは、家族がいて独居でないという認識だったために、死んだことが明るみに出ていなかったという構造も、あるのかもしれませんね。でも意図的に隠そうとしない限り、普通は回りの人が全く知らないということは、ないんじゃないかなあ。こういう例が他にたくさんないことを望みます。
投稿者:栞
こんにちは

 この辺りだと敬老の日などにご長寿の方のところに市長などが訪ねお祝いの品などわたしたりするし、ご近所で「最近○○さん見かけない」などと
ある程度はわかるけど都会だと隣人がどんな人かも
知らないこともあるもで区でも把握しきれないので
しょうね。
投稿者:hirakata
ママサンさま、こんにちは。

都内の113歳(存命なら)という方は、都内最高齢ということになってたらしいですね。こちらの方も20年以上前から会った人がいないとか、息子(次男)も所在がわからないとか。

もしかして日本中に、死んだのに戸籍から鬼籍に移してない人がたくさんいたりするのかもしれません。(それを正したら日本が世界一長寿の国ではなくなるほどではないことを望みます)
投稿者:ママサン
都内、113歳の方も「行方不明」となっているようで。
AutoPage最新お知らせ