がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ポルコ
こんにちは。
見させていただきました。
応援ポチ。

http://blog.livedoor.jp/kabubou/
投稿者:hirakata
栞さま、こんばんは。

私も毎年諏訪中央病院のドックを受けていました。今年(昨年度)は愛和病院でドック検診を受けました。実は愛和病院は、入院は緩和ケアのみですが、ドック・検診もかなり頑張っている病院なんです。

先月やった昨年度のドックでは、大体合格でした。でもかなり大きな体重減少があったと書いたのに、何も聞かれなかったのは、いいのかなあ。

病気を早期発見するための努力をして、早期発見できたら早めに治療して、それでももし手遅れで見つかったらそれはそれで運が悪かったと思って、できるだけ淡々と過ごす。頑張れるだけ頑張って、その上で自然体でいられるような生き方ができればいいなと思っています。

いろいろと良い巡り合わせに当たっているようですね。まっすぐ無心に生きていくことができれば、いろいろなことに感謝できるんだなあと思う今日この頃です。それにしても今朝の雪はびっくりしました。全然関係ないですが。
投稿者:栞
こんばんは

 私は、年一回必ず中央病院でドッグを受けています。特に病気関しては防げるものは防ぎたいし、もしがんが発見されたとしても早期なら治る可能性も
あると思うのです。実際今年自分では全く自覚が無かったのですが、胃カメラで十二指腸炎を指摘されました。幸い組織検査ではセーフでしたが、このようなことがあるのでドッグは大切だと思います。


 ドッグの血液検査では全く問題はありませんでしたが、検査項目外で問題が発見されました。それは
たまたま体調が悪く診療所にいったら先生に「首が少し赤くなってるね。湿疹みたいだね。診せて」と
触診したら甲状腺が大きく血液検査したらTSHの値が基準値をしたまわっていました。これも自覚が全くなくバセドー病特有の症状も全くないのでびっくりです。症状がでないうちに見つけてくれた先生に感謝しています。
 
AutoPage最新お知らせ