がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
ganbaruさま、こんばんは。

精神的に参ってしまった医師を何人も知っていますが、そこから立ち直るのは、ものすごい労力を必要とします。自死に至ってしまった人も複数知っていますし、立ち直ったように見えてももう一度挫折したり、立ち直れなくて医師を辞めてしまったり。

医療にかけるお金は少ない方がいいと考えながら医療政策を組み立てる人は、「自分は病気をしない」あるいは「自分は病気になっても十分な医療が受けられる」と勘違いしている人なのだろうと思います。そんな幻想は実現できないぐらい、日本の医療はすみずみまで追い詰められています。しっぺ返しが来ることが想像できない人が日本の医療を組み立てているので、多分もっとひどいことになっていくんじゃないかと思います。民主党も期待はずれですし、今のところ。
投稿者:ganbaru
本当ですよね。頑張りを「認めてくれ!」という事ではないけれど、高い志で限界まで医療に従事して頑張っている時に、心無い言葉を言われたり、悪意にみちた嫌がらせを受けたりしたら、「なんかこんなに頑張っても意味ないな」と、自分で思ったりしてしまうと、やる気ってなくなりますよね。
ここまで頑張っても誠実に評価されないのならば、やっぱり自分の健康だったり、家族だったり、人生を優先したくなります。

医療従事者の方々には常々頭がさがります。

ただ、やっぱり自身の健康あっての業務ですし、精神的にやられるような環境では、健全に診察もできませんよね。

少しは医療従事の方の環境をもっとよくすることを国をあげて考えていかなくてはいけませんよね。

一生病気しないで医者にかからないって人はいないのですから。

投稿者:hirakata
山本直樹さま、こんばんは。

初音ミクですね。懐かしい。この歌を初めて聞いた時、ダラダラと涙を流したことを思い出しました。まさにこんな状況(当直はその時すでに免除してもらってましたが、心境としてはこの歌のとおり)に置かれているような気がしたからだと思います。今は聞いても涙が出ないというのは、楽な労働環境になったからなのか、危機にさらされて動じないようになったのか。両方でしょうが、ボロボロではないような気はします。一人でも多くの医師がボロボロになって擦り切れてしまわないように、日本全体がちょっとだけ気をつけるようになればいいなと思います。
投稿者:山本直樹
こんなざれ歌がありましたが、、、

http://www.youtube.com/watch?v=hmd7wCkjV3Q
AutoPage最新お知らせ