がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
やじうまさま、おはようございます。

救急車は、実際に大きくなってます。昔はただの「患者さんを運ぶ車」だったのが、「治療をしながら運べる車」になっています(高規格救急車でないものは昔と基本的にはそう変わらないのかもしれませんが、高規格のものが増えてきているので)。

患者さんを転院搬送した帰り道で載せてもらう時、壁一面の棚の中に何が入っているのか(一つ一つ中身が一目でわかるように名称を書いたシールが貼ってある)見ていくと、思いがけないものまで入っていたりして面白いです。なかなかそういう機会、ないですもんね。
投稿者:やじうま
子供の頃に大きく見えた物が大人になると小さく見える物はたくさんありますが
救急車は今の方が大きく見えます。
いろいろな装置を積んで実際に大きくなってるんでしょうかねぇ?
乗り物好きとしては救急車の実物展示を見たかったなぁ。
AutoPage最新お知らせ