がんになっても、あわてない

 という本(朝日新聞出版)を書いた医者の、なんでもブログ。

 
医療関係者向け資料集「緩和ケア医のらくがき帳」も、よかったらどうぞ。

プロフィール

平方 眞(ひらかたまこと)
 緩和ケア医師
愛和病院(長野市)副院長

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hirakata
秋の山さん、ペーパードライバーならぬペーパー医者とは、この人を
表すのに言い得て妙ですね。他の発言や記述を見ていても、医療を正
しく評価したものに出会った記憶がありません。見てもいないものを
断罪できるというのは、どういう神経なのか理解できません。
投稿者:秋の山
この文春の記事、酷過ぎると思いました。病に苦しむ人に対峙した事の無い”ペーパー医者”が書いた記事でしょう。医者と言う肩書きが泣きます。その人は自分が金儲けのため医者と言う立場を利用して好き勝手なことを書いているのでしょう。
投稿者:もにん
先生のブログを拝見し、同様の意見をお持ちの方がいらっしゃるという事に感慨を覚え、また、理路整然と反論なさっていただいて溜飲の下がる思いです。
文春という雑誌は、きちっとした取材に基づいた記事を書く雑誌として、愛読書の一つですが、この人のコラムや記事が出るたびに、「文春に載っている他の記事も事実無根だったりするのかな」と勘ぐってしまいます。これほど現実を知らずに数字を並べ立ててインチキを書ける厚顔無恥さ加減にはあきれてしまいます。応援していますのでどんどん叩いてください。
投稿者:hirakata
循環器屋さま、私も同じことを考えたんです(修理不能なら修理
しないというところまででした)が、本文に書くのは若干行き過
ぎかなと思い、この表現にとどめました。でも国が本気で終末期
医療を削ろうとしているなら、そこまでしてくる(助からない見
込みの高い人には最初から治療しないように誘導または制限)か
もしれないとも思います。
投稿者:循環器屋
>修理に出した車が直らなかったら修理代は払わないと思いますが、医療の分野では患者さんの病気が治らなくても、治療費を払わなくてはなりません

不適切な反論とは思いますが、車の場合は修理不能の車は廃車になり廃車費用もかかります。この人の理屈で言えば治りそうもない方は廃人として治療をしなくても良いと言うことになります。廃人費用を出して葬儀場の前で待機してなさいと言うことなんでしょうか。人間の命を何だと思っているのだろう。
投稿者:hirakata
ほんとに時間の無駄でした。マスコミの人もこの人のコメントの軽佻
浮薄さに早く気付いてほしいものです。厳しい医療の現場にいるわけ
でもないのに、わかったような顔をして市民に迎合する、医療が憎ま
れるような発言ばかりで、がっかりします。
投稿者:山桜
山野美容芸術短大教授の中原英臣氏のコメントを拝見するに彼は全く実際の医療行政、医療現場を理解されていないですな。一つ一つに反論するのも時間の無駄です。もう少し勉強してから意見は述べて下さい。良くもこれだけいい加減な事が書けるものです。呆れるだけです。
AutoPage最新お知らせ