あの空の色  エッセイ

 1992マガジンハウス

 画像入りkindle版

セガンチーニ、ルートヴィヒ二世、

ボンヌフォワ、プルーストを想う

方向音痴のひとり旅


バックパックを背負いヨーロッパをひとりで旅した記録。

「あの空」とは、大好きなセガンチーニ描くアルプスの空の色。
その絵に魅せられて、先へ先へといくうちに、氷雨の中で立ち往生するわ、雪山で遭難しかけるわ、さんざんリスキーな状況に陥るけれども、鏡のような湖面の傍らに寝ころべば「ああ、地球ってスゴイ!」ということになるのだった・・・。

旅の迷路
イスタンブール/サントリーニ島/アテネ/ローマ/ミラノ/マントヴァ/ラヴェンナ/サン・マリノ共和国/ヴェネチア/サン・モリッツ/ヒュッセン/ミュンヘン/モンサンミシェル/イリエ・コンブレ/パリ

カバー装画:セガンチーニ「La Morte」より/野村高志 




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ