†ヽ(-"-;) No matter what may happen,I will beleive my willpower !?ヽ(-"-;)Ω南無南・・ Ωヽ(-"-;)南無南
ゼンハイザーのレヴューなどなど  小物レヴュー



最近前向きに思考する癖をつけていましのたので、朝起きて自分の身体が動かないのを
認識するまでかなりの時間が必要としました。

あれ??なんで動かんの??みたいな(大苦笑)

もしかしてこれって疲労??みたいなww

ワタシは何時如何なるときも疲れない、健康であるって思ってるから(思うように訓練してきたから)まさか自分が疲労する
とは夢にも思わないんだねw
今日は、これが筋肉痛と疲労であると認識してからは動かないように動かないようにと
過ごすことに決定、要所要所はお局様にお任せして仕事も流して無事終了、
顔だけ笑顔で身体で泣いてみたいなww
ふむ、これにて大体どれくらいの運動時間だと疲れるのかおおよそのところ把握完了!!
昨日記入した運動から推測すると約160分/一日といったところ。
転んでもただでは起きませぬ( ̄ー ̄)ニヤリッ
また暇な時間に体調もチェック、看護婦さんつかまえて血圧と眼圧、あとちょっとした
視力検査を敢行、全て全く問題なしでした^^


/////////////////////////


ゼンハイザーHD25-1 II届きました
希望小売価格46000円のヘッドフォンなんて誰が買うんやろ?
そんなやつの顔が見てみたいわwと
思ったのが運のつき。
いざ自分のものとなった今、失敗だったらどないしょ〜〜〜とビクビクしながら泣いていましたが
・・・・・


もーね世界が変わりました、何これ(><)

す、すっ素晴らしい。(><)

伝わってますか??この感動(゜ー゜;Aアセアセ

AVマニアですので今までもONKYOの5.1インチとパイオニアの5.1インチサラウンドシステムで
音楽や映画を聞いてるし(無意味に二つ持ってる)、ゲームでは7.1インチヘッドセットを使用していたり
耳は肥えていたつもりでしたが全く違います。

勘違いでした。

ワタシは何も聞いてませんでしたし何も知りませんでした。

何をって?

音の世界を。
ゼンハイザーが醸し出す音の世界は全く異世界へとワタシを導きました(><)、
まるで初めてスキューバダイビングをして水の中の世界に驚愕した時のように・・・
全てを知っていると思ってた自分が恥ずかしいと思わされたあの感動と同様に・・・

楽器の音一つ一つを忠実に再現するその力はまるで楽器が呼吸をしているかの如し・・・

そう

楽器は生きてました・・・・・・←(これシャナンの名言に入れといてw)

そしてワタシをその演奏している空間に運びたもう・・・
大絶賛です(><)うぅ・・・買ってよかったリストに追加でしゅ。
最近失敗ばっかりだったもんで、余計ウレピー(><)。

あー聞かせてあげたいこのスネアドラムの響きを・・・・
プレイヤーの息吹を・・・・

 


////////////////////////


以下ゼンハイザーのレヴューです、正に仰るとおりです(><)↓
プロの表現力に感服、


「そのヘッドホン、凶暴につき」

一匹狼のHD25-1 IIはその特筆すべき低音再生能力と抜群の遮音性から
ゼンハイザーの中でも異端視される程の強烈な個性を放つヘッドホンのひとつ。

音質、ポータビリティ、大きさ、重量、遮音性、スタイル、耐久性、
交換パーツの豊富さ、これら全ての面で高得点を叩き出す非常におすすめの逸品です。

力には力を。このHD25-1 IIの方向性は非常に明確です。
「壮大な騒音下でのレコーディングモニター」これに特化しています。
HD25-1 IIはDJユース用に片側ユニットを跳ね上げて方耳モニター
可能な構造になっているのも納得です。音場が広がるという
タイプではなくダイレクトに音が飛んでくるタイプで、
特に低域はとても力強く、かといってブーミーでもない鳴り方で
聴く音楽ジャンルさえ合えばとても面白いヘッドホンです。
音圧もかなりありますが、全くビリついたりしない
ド根性みたいなものを感じます。過酷なシゴキにも耐性があり
非常に漢臭さを感じるヘッドホンです。
耳乗せタイプではありますが、密閉型で側圧も高い事から、
遮音性は絶大で、外部への音漏れが少ないのが特徴です。
なので通勤時のポータブルオーディオ使用、
プレステ2等のゲームをするにはまさしくピッタリでしょう。
ただ、AC電源のアンプやデッキなどで、
あまり質のよくないヘッドホン出力のものだと
残留雑音が気になる場合が有ります。
まさしくそのヘッドホン、凶暴につき。
本籍はゼンハイザー市密閉区HD-25。
桜田門の取り調べにも威風堂々と受け答えす
るさまはまさしく天下人。漢の威圧を耳で
感じる事のできる、そんなヘッドホンのひとつと言えよう。

 

 


体重          59.3KG

1




AutoPage最新お知らせ