†ヽ(-"-;) No matter what may happen,I will beleive my willpower !?ヽ(-"-;)Ω南無南・・ Ωヽ(-"-;)南無南
アル中や薬物中毒について  傑作選

異質な純粋性

伊良部さん亡くなりましたね・・・大ファンでして彼がメジャー、特にヤンキース時代に
登板した試合はほとんど拝見しましたし、ビデオにして保管しています。


正直悔しさすら感じます。


伊良部さんもそうだけどたまに純粋性を感じる人に出会います。
思ったことをすぐ話したり、その通り行動したりする人達。

凄いなーと感じたものですが彼らの多くにアル中が多いのはどーいうことだろうか?

伊良部さんしかり。

ワタシはアル中と言われる方々はこのような純粋な人と評される人が多いことに
だんだんと気がついてきました。


問題は何に対して純粋なのか?です。


彼らは思考に対して純粋なんです、頭の中で目まぐるしくささやく思考に対して。
思っていることを知らない間に口に出して話しはじめる方もいらっしゃるのですが
、大抵は内なる声、もしくは思考に対して純粋だと思うのです。

つまり幻に対して純粋な訳。

多くの思考はエゴからできているので大抵ネガティブです。

認められたい

愛されたい

怖い

傷つけられた

正義はワタシにある


・・・・・・・・

思考に対して純粋であればあるほど、苦しくアルコールに逃げるは当たり前のことなのです。
つまり自分に正直に生きるとか自分に嘘はつかないなんて言葉自体が大いなる錯覚でして
思考の奥にある自分に対して正直にあるのならば素晴らしいのですが、思考に対して
正直にあろうとした場合、人は恐らく耐えられない・・・・・・・
恐らく素直であればあるほど・・・・・・・





デカルトのいう「我おもう故に我あり」という人類始まって以来の大いなる錯覚が
人類を不幸に(アル中=最も不幸な人達)したのです。

本当の自分は思考の奥に存在します。

そう


本当の自分は考えている自分に「気づく者」なんです。

思う者ではなくて気づく者

人類のとんでもない多いなる錯覚。



以前何故気づくだけでネガティブな思考は消えるのか理解できないと書きましたが、それは当たり前で
思考は幻だからです。



つまり人類始まって以来の謎と言われる薬物中毒はデカルトに始まる大いなる勘違いが全ての始まりであり、
思考が本来の自分ではないと気がついた瞬間に薬物中毒は治癒するはずなんです。

何故なら薬物を必要とする思考は幻だから。



なんて今まで気がつかなかったんだろ??と思います。

思考の奥にある者は愛そのものであり、悩んだり、悲しんだり、恐れたりするはずがありませんから。
イフのない大いなる愛そのものだから。




にほんブログ村 その他スポーツブログ トレーニングへ

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ


体重           58.15KG
体脂肪率         10.9% 
真向法 
自転車ランニング
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ