†ヽ(-"-;) No matter what may happen,I will beleive my willpower !?ヽ(-"-;)Ω南無南・・ Ωヽ(-"-;)南無南
浮いたり沈んだり  将棋

クリックすると元のサイズで表示します


先崎学、俗に先ちゃんという将棋指しというかエッセイスト?がいるんだけど指すより
書くほうがよっぽどおもしろい人で時々本を読ませてもらっています。
簡単にどんな人か説明すると、才能は羽生さんクラス、多分アル中、麻雀中、活字中、競馬中、囲碁中
囲碁なんか半年で600戦だったかやったことがあるって本に書いてました、その間本業は多分1、2戦w
まー最後の豪傑というか肉食将棋指しというかまー昔気質の棋士でしょうねー。

「最後の昭和」とかそんなイメージw。

先ちゃん感想戦が余りできないことでも有名でして、これだけ強いのに記憶力がまるで無いみたいな
ことを書いていますが、実際そーみたいです、元名人の森内さんなどは棋譜を覚えているのは当然として
何月何日のと日付まで覚えているらしい(^^;
クイズ集があれば解答2000を2週間で覚えてくるんだけど、彼の場合は実は問題も全部覚えてたりとかするww

まー先ちゃんの場合本人も認めていますが記憶力が薄いのは酒のせいでしょうね〜〜〜、二日酔いで指しててぶっ倒れたり
とかしてたみたいですから(苦笑)。
そんな先ちゃんの口癖は「疲れた」www


まー絵に描いたような欠点だらけの棋士だけど、大ファンなんで常々その才能を惜しんでいるんだけど(まじめに
指していたら名人級に余裕でなっていると思うから)、そのおかげでエッセイを楽しませてくれているので差し引き
ゼロかな?とw(勝ち続けていたらエッセイを書いている暇が無いでしょうから)。

そんな先ちゃんが「将棋指し」らしいことを書いていました。

人の幸せとして、あるアマの囲碁指しの死に方を書いていまして、80歳のその老人がライバルに勝って、その直後心臓麻痺で
亡くなったんだけど、その死に方を羨ましがっているというか褒めていると申しますか、そこに幸せを見出していました。

シャナン流の幸せ論だと自分が勝つことに価値観を置かないので先ちゃんの語る幸せというのは
幸せでもなんでもないと思うのです・・・・・・例えば相手に勝ちを譲って差し上げるとかね。
最後は相手に勝ちを譲ってそして、亡くなったというのならばワタシは大絶賛するんですが、
幸せって勝つことにあるのではなく、本当の幸せは相手に与えることにあると思うから。
(後書きだけど、そんな将棋指しがいたら世の中ひっくり返ると思うw)

だから・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と書いててハタと気がついた。

なるほど、先ちゃんの不勉強、大酒の裏には優しさが潜んでいるのかも知れないねと。
きっと限りなく優しい人なのでしょう。
本当は将棋指しには一番向いてないのかも知れませんね。




体重           59.80KG 
体脂肪率         13.7% 
スクワット +40kg    10回
チンニング +17kg    15回
ベンチプレス       60kg 6回
真向法   
エアロバイク 
Wllシェイプボクシング2  700p
willヨガ
will体幹トレーニング+10kg  80秒
600mランニング

にほんブログ村 その他スポーツブログトレーニングへ
にほんブログ村

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ