†ヽ(-"-;) No matter what may happen,I will beleive my willpower !?ヽ(-"-;)Ω南無南・・ Ωヽ(-"-;)南無南
体温計との戦い2  幸せな話

低体温症の余韻が残っていて、まだ少々ナイーブな日を過ごしているシャナンですが
皆さんのご機嫌はいかがですか?^^

なんで体温が低いんだろうと色々思案しています。
体温を上げるためのメソド、よーは筋肉をつけることで基礎代謝を上げるということなん
だけどワタシのしていることは少しだけ違うとことがあります。↓。

無酸素運動をしてから有酸素運動をしなさいってこと。

ワタシの場合まず走って(有酸素運動)から筋トレ(無酸素運動)をしているのですが
この順序を逆にしなさいよと。
身体を充分暖めてから筋トレはしなさいよって教えられてきましたからねー
違和感があります。


また筋トレを無酸素運動としていることも少しばかり違和感があります。
筋トレの最中に息を止めない訓練をずっとしてきたからですね、腹式呼吸って
やつです。
力を入れる時に息を吐く訓練。
それを今更息を止めてやるって言われてもね〜〜〜。
(これ話は変わりますが天才打者長島さんもやってたみたいですね、スランプに
なった時、あーでもないこーでもないって色々試してていきついたのがこのインパクト
の瞬間に息を吐くって方法、これを見破ったのは8時半の男の宮田さん、この方って
打者の呼吸を読んで投げてらしい。。ホントがどうか知らんけどw)


そして毎日はするなと書いてます。三日に一度くらいでいいと。
毎日するのはむしろ逆効果だと。
ワタシは好きで毎日しているんでほっといてくれって感じですねーw


まーこの辺りがこの本とワタシの日々の運動の差でしょうかね?強いてあげれば。
どんな風に取り入れていくか・・・・・・・・?

逆におもしろいな思ったのは脳トレより筋トレにしなさいってところ。
アメリカで1980年代、高齢者の事故が一向に減らないので 脳から筋肉への神経回路を
鍛えるにはどうしたらいいのか?という問題になって、で有酸素運動をしても
全然効果がなかったんだけど無酸素運動、よーは筋力を鍛えたら、体温が
上がりボケ防止になり事故防止につながったってところ。
へ〜〜〜〜と。
ワタシはだったらゲームなんかも視神経から手への伝達を競うゲームですので
ボケ防止の観点からはとてもいいのかな〜〜?なんて思ったんだけどね。
あっ!しめしめこれで心置きなくゲームができるなんて思ってないですよ!w

まーせっかくおもしろい本に出会ったので全ては無理にしても
改良してワタシ仕様にして上手く咀嚼できればと期待しています。

体重59.7KG
ベンチプレス55kg   10回
チンニング +10kg   12回
スクワット +20kg   10回
素振り2セット
Will FIT 約分
600M ランニング
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ