†ヽ(-"-;) No matter what may happen,I will beleive my willpower !?ヽ(-"-;)Ω南無南・・ Ωヽ(-"-;)南無南
本と映像  幸せな話

いや〜〜まだ引きずってるわ〜〜神々のいただき。
精神衛生上読むんじゃなかったー(><)

みたいに泣いてて気がついたんだけど、何で今まで山岳小説ものノーマークだったんだろ?
そーいう疑問が湧いてきた。
こんな素晴らしい生き様があったのに、
心がどっぷりと嵌ってしまうほどおもしかったのに
何で今まで知らなかったんだろ?

例えば作者の夢獏の本はその他一杯読んでるから知っててもおかしくなかった、これが眼中に入ってこなかった理由ってなんだろう?

実に不思議だ・・・・・・

ふむ、とりあえずおいといて、最近NHKBSHIでヨーロッパのモンブラン登頂の映像があったので録画しといたんだけど、暇ができたのでそれをチラホラ眺めてみて思った。

尚更しびれたわ〜〜〜〜〜




本の中で色々な描写がでてくるんだけど、雪なんか降らない地域で育っているから
イメージできないんだよね、本質的に。
つらい、厳しいって書いてても本当の意味でイメージできないつらさみたいなのが常にあった。



生きるだけで消耗する空間とは?
-40度の世界、かつ風速40mの風が吹き荒れ、40度以上の傾斜を登るって言われても・・・・・・・
クレパス、アイスピックって言われてもそれは一体何ぞや??
その環境の中で人を担いで(助けるために)約70kを担いで登る描写を読んでても本当の意味でイメージできないもどかしさ・・
マンガの方が良かったと何度思ったことか。


それが映像で見るとなるほどと・・・・・

映像でみたその光景は想像以上であった、美しさにおいても圧倒的であり、自然の怖さにおいても想像以上であった。
冬のグランド・ジョラスの北岩壁なんて、あ〜〜〜た、人間が登るとかそーいう世界の
代物じゃない。

モデルである森田勝、既に私の中では英雄となってしまったが彼の命を奪った
グランドジョラスの映像を見た瞬間に神々のいただきの凄みを理解し、
著者を許すことにした。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%A9%E3%82%B9">


↑やや迫力不足の画像だが・・・

楽しむためには本が先か映画が先か?
私は間違いなく本が先の方がいいと思う。 イメージを膨らませて膨らませて
映像を見たときそのイメージは、はじける! 



この本を読むきっかけとなったのは、一つは私は何故山に散歩しに行くのだろうという素朴
な疑問からである。
ところがレベルが違いすぎて参考になるどころか、影響を受けまくった今の私は冬の雪山に何故今まで登らなかったのだろう?と(爆笑)

こりゃ行くしかないとw

うわ〜〜〜〜危ない危ない(苦笑)

まー少なくとも何故今まで関心がなかったのか?それだけでも解き明かしたいと思い、
たまたま目の前にいたNに聞いてみることにした。
一体どーいう人間が山に登るのだろう?と疑問に思ったからだ。

シャナン「Nは山とかに登る? 興味ある??」

Nの体型を見ながらまー無理だろうけど、もしかすると意外や意外と万が一の
可能性があるので聞いてみた。
あっ!
ちなみにNは野球仲間であるが身長は私と変わらないにもかかわらず
70KGを超えており、健康的には見えない。
酒、タバコなんでもござれ、年齢は30台半ば。

N「??????え〜〜〜突然何ですか????相変わらずですねシャナンさんはw」
  
N「ボードだったらしてますけど」



シャナン「何!!!!!!!!!」



あっ! そっそーだった・・・・・・・・・・・・・・
この瞬間私は全てを理解してしまった・・・・・・




N「シャナンさんど−したんですが、そんな怖い顔をしてーーーー」
驚いて私の顔を覗き込むN。


私は寒いのが苦手だったんだ・・・・・・・(爆笑)




私は山岳小説とかエベレストとか言われても余りにも環境が違いすぎて、苦手過ぎて興味を持てるはずがなかったの
である。
寒いと聞くだけでブルブルと身体が振るえ、コタツで丸くなるタイプ。

一瞬でも雪山に登ろうと思った瞬間があったことが信じられないw
ありがとうN^^.今日の君は素敵だよ♪
スキー、ボードすらしたことないく寒さに弱い人間が冬の雪山がテーマとなる
山岳小説に興味を持てるはずがあるわけなかったw


その辺の小さな丘wでも一泊たりとも無理であろうw
これが現実、そして山男、森田の偉大さ




シャナン「ところでNがボードとはねー、何しに行ってたの?w」

N「何って?w」


N「そりゃ風と一緒になるためですよ^^」


シャナン「何だと!!!!!!!!!!」


シャナンの内心の声「おっ、おのれかっこいいじゃないか、Nの癖にw」

シャナン「Nは今日はもー帰っていいよ、今の一言で俺は幸せになったからw」




山岳小説を巡る思考の旅はNの意外な真実に行き着いたのであった。





体重59.5KG
ベンチプレス55kg10回
チンニング     20回
スクワット(20kg付き)10回
素振り2セット
Will FIT 約分
600M ランニング
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ