†ヽ(-"-;) No matter what may happen,I will beleive my willpower !?ヽ(-"-;)Ω南無南・・ Ωヽ(-"-;)南無南
聖地  幸せな話




何もする気にならない、できない自分を哀れむ、見渡すもの全てが不気味、疲れる、一歩一歩に息切れし
そんな自分にあきれ果てる。

そんな時があります。

一体どうしたんだろ?

そんな時に自分の何かが求めているのでしょうか?
知らない間に足は山寺の方に向き、トコトコと散歩がてら登っていきます。

見るもの全てが嫌になるような不快な気持ちに満ち溢れているのに気づきますが
、無視して山寺を登っていきます。

そして頂上から振り返り、海に目を注ぎ、神木の元に向かい瞑想をします。
しばしエネルギーを注ぎ、エネルギーを感じます。
エネルギーに包まれる感覚が体を包み、良しと思ったら徐に足を家路に向けます。

すると数歩進むだけで驚くべき現象が自分の中で起こっていることに気がつきます。
見るもの全てが愛おしくなり、雑草がその辺りに生えているだけで、神を感じ涙がこぼれそうになります。
振るえが身体に走ると言い換えても良いでしょう。
歩くだけで疲れていたワタシの身体は思わず走りだしてしまいそうなほどのエネルギーに満ち溢れ、体から気が充満してくる
のを感じます。
目にするもの耳にするもの感じるもの全てに神を感じ、強烈な多幸感に包まれます、何故だかわからないワタシは森の中を見渡します。
そしてしばし確認しながら、その生まれ変わったような感覚をかみ締めます。
時に強烈なものが身体に入ってくる感覚につつまれながら。

何故このようなことがワタシの中で起こるのかは不明です。
恐らく説明は不要でしょうし不可能、強いて申せば多分そこが聖地だからなのでしょう。

考えて見れば強風吹き荒れるこの地で巨木が山の中腹に生息できる確率というのは極めて低いはずであり、またこの地は中央構造帯の真上に
存在する場所、恐らく巨大な断層の上に建てられた地だと思うのです、詳しくは知りませんが、中国風に申せば竜脈みたいなところなのではないでしょうか?
地球の。
もしかすると凄まじいパワーが詰まったところだと思うのです・・・



わかりませんがw



今日の動画にはワタシが聖地を撮影した時の画像も一部含まれています。
見て聞いてくださればうれしいです^^





体重             57.8kg
体脂肪            11.3%
ヨガ
真向法
スタンディングロウ30KG     6回
サイドレイズ10KG        6回
室内自転車30分2セット
スクワット 70kg       20回
ダンベルショルダープレス15kg  8回
0




AutoPage最新お知らせ