†ヽ(-"-;) No matter what may happen,I will beleive my willpower !?ヽ(-"-;)Ω南無南・・ Ωヽ(-"-;)南無南
自信のある負け惜しみ  音楽

飛行機の中でATH-CKS90NCを使用するつもりだと先日書きましたが、
今回実際に使用してみて全く雑音が消えたことに狂喜しました^^
まじめにびっくりです。
究極名機ゼンハイザーHD25 1-2を持ってしても不可能だった例の飛行機の
高周波、あれが見事なまでに消えていた感動は生涯のものです、大げさでなくw。
飛行機の中でも素晴らしい音楽の世界に入ることができたと申したいと思います。
帰りは夜中発でしたが、今回はじめて飛行機の中で熟睡できました、NCの効果は
ほんとに絶大、特に外で聞く機会の多い方には
ぜひおススメしたいと思いますよ^^

恐らくsonyのウォークマンも同等の力を秘めていると思いますので今後ipodを
買う予定のある方で、外で聞く割合の高い方はウォークマンも候補に入れた
方がいいかも知れません。
ipodでウォークマンと同等の質を手に入れるためにはaudio-technicaのAT-PHA31iのような
アンプとNC付きのヘッドフォンが必要になります。


ところで今回の↑の曲は大好きなギタリスト ニールショーンの演奏です。
ニールの力がもっともわかり易い1曲だと思っています・・・・・・。
今回の旅ではギタリストのSTが同行していたので音楽談義で花が咲いて時間を立つのも
忘れたのですがその時にニールショーンの曲を聞いてもらったのですが、さすがにギタリスト
のSTでした。
ニールショーンの演奏技術にサンタナとの共通点を瞬時に見出して説明をしてくれました、ただただその才能に驚くばかりでした。ただなんか小難しいことを説明していましたが残念ながらさっぱり意味がわかりませんでした(苦笑)
STがヘッドフォンを手にして耳に持っていった瞬間の顔の変化はちょっとした俳優のようで横顔が瞬時にお笑い芸人からミュージシャンの顔に変わったのには多少嫉妬しら感じました。
その顔はクリエイターならではの、音楽の神に愛されたものだけが許された顔だと。

ただ。

ただね、聞いてみてどうだったかというと感想らしいものが余りなかったんですよね〜残念ながら。

これはワタシなどもよくあることで、曲を聴いた時にまず技術から入るんですね、ワタシの場合だと
まずはドラムが気になる。。
あーこんな風にしているんだーとか。
なまじかじっていると純粋に音楽を楽しめないことが多いのです。
例えばどんなにギターが良くてもドラムが電子音だったらその瞬間に聞くのを
止めてしまうみたいな。

ちっ、ギターは最高なのにドラムが駄目だね・・・みたいな。

実にもったいない。




ですので以前からギターを弾けたらいいなーと何時か習いたいなーとずっと夢に見ているの
ですが、習うと純粋性が失われるような気がしてあえて未だに習うことをしていないのです。
多分永遠に習わないでしょうね。
強気に習わないと。
聞く側でずっといたいから。技術じゃないんですよと。
ですのでクラシックのピアノ演奏会とかで1位2位を決めるのに意味があるのか?って思っている
方なんですよ、全部1位にしろってね。
音楽は楽しいもんだからそれを技術の良し悪しの世界にするのはワタシは違うと思うのです。

こと音楽に関しては以前から多いに劣等感を持っていましたが最近では表現者でないことの
プライドに多少気がつきつつあります。
誰よりも音楽を楽しんでいるってね。



えっ?


もちろん、負け惜しみですw


でも、自信のある負け惜しみw




(注)
クリエイターの皆さんがいらっしゃったらごめんなさいです^^;

真向法 
willヨガ
will体幹トレーニング+10kg  80秒
600mランニング
0




AutoPage最新お知らせ