†ヽ(-"-;) No matter what may happen,I will beleive my willpower !?ヽ(-"-;)Ω南無南・・ Ωヽ(-"-;)南無南
名作を超えた超名作  幸せな話

ターミネーター4見ました。

実はこの映画一回見てたんだけどつまんないと思って止めたんですが思うところが
あって再挑戦です。

つまんないと思った理由はTA1-TA3のキャストが誰も出ていなかったこと、特に
アーノルドシュワルツネッガー。
まーこれははじめからわかっていたので許そう、許しがたいと思ったのはTA1-TA3の
英雄達がほとんど活躍しないか脇役になっていたこと。
特にジョンコナーの俳優がダサイのは許しがたかった。

今回再挑戦した理由はアバターにあります。
主人公のサム・ワ-シントンの演技が絶品だったことで好感を持ったから。
そーいう観点から再度見ることにしたこのTA4はどーだったかのか?



完璧でした(−1点)(゜ー゜;Aアセアセ




おもしろいのなんの素晴らしい映画でした。\(^ ^)/





−1点は最後がイマイチだったから、それを除けばパーフェクトでした。

TA1-TA3は機械と人間の奇妙な友情、親子愛がテーマだったのですが
今回は一転普遍的な愛、見知らぬ人を助けることがテーマ、ハリウッド映画で
は比較的多く出てくる良きサマリア人的な愛がテーマでした。

最後が気に入らないのは主人公であるマーカスが死にそうになったジョンコナーに
心臓を提供するから。

自分の死と引き換えにジョンを助けるという英雄的行為に対してジョンが黙って
受け入れるという演出はありえないと思う。

少なくとも俳優の目の演技がワタシには違うと・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
些細なことなんすけどね(゜ー゜;Aアセアセ

基本名作ですのでお勧めです^^。


それにしてもこれだけの名作を駄作であると判断して、見るのを中止した
自分が許せないなーと。
興行的にも決して大成功という訳ではなかったと思うんだけどその理由は
ワタシが思った理由とほぼ同じだと思う。↓

シュワルツネッガー無しの映画がおもしろいはずがなく前作までの英雄がかっこ悪い
設定で楽しめるはずがないという。

ところがどっこい名作を超える超名作は存在した。


おかげで人間ってどれだけ素晴らしい作品を作るのだろうと一段と
期待できるようになった。

シャナン流にいうと「映画って本当に素晴らしい」

ではなく

「人間って本当に素晴らしい」



この作品は新たな歴史を作ることになると思う。
TA1-TA3を遥かに凌駕する名作であり、以後シリーズ化された後,
振り返った時に評価はうなぎ登りになり再評価されますでしょう。





体重60.0KG
ベンチプレス55kg   10回
チンニング +10kg   12回
スクワット +20kg   10回
素振り2セット
Will FIT 約分
600M ランニング
1




AutoPage最新お知らせ