†ヽ(-"-;) No matter what may happen,I will beleive my willpower !?ヽ(-"-;)Ω南無南・・ Ωヽ(-"-;)南無南
愛すべき酒飲達  禁酒

2/7に大酒飲みの友人Cについて書きました。
肝臓以外全部アウトという謎の人物なんですが今日たまたま会う機会があって
その後体調はどーです?みたいな会話してたんですが、よくよく聞いて見ると
かなり危ない飲み方になってます。

普段はロックで芋焼酎3−4杯、ビール、中ハイ。休みの日は朝から飲酒。
日々の酒量自体は計算してみたら約5合程度なんだけど。
問題はここから、朝から飲むというところと最大の問題はγーGTPが100もないという事実。。
つまり歯止めがかからないんですよね、肝機能が丈夫過ぎるから。
それ以外の内臓にきてるんだけど、だから本人は気がつかない。気がついていても直さない。
アル中は否認の病気だから。

普通の人間だったらとっくの昔に肝臓がアウトになっている酒量なんだけど
肝臓が強すぎてセーブできない。

とりあえずCには少し控えたら?みたいなことを伝えといたんだけど

C「酒飲まんと一体何をしていいのかわからん」とか言う。

不可解な回答なんだよねー私から見たら、これだけテンション高く社交的な人物ならばやること一杯あるだろうにと。
私からみてたら飲んでも飲まなくてもcなぞ全く変わらない。
知能もまだまだ衰えているとは思えない。ただ既に飲んでいる時に限りは記憶が飛び始めているという、だからこそ
今のうちにと思う。

根っこには10年目に突入した単身赴任があるようだ、奥さんもどうやらキッチンドリンカーになっているみたいだった。
むしろ社交的だからこそ寂しいみたいなのがあるんだろうか?単身のさびしさみたいなの。 

一人酒

一人で飲むと少量でもやたら回ると私は思う。私は毎日飲んでたので一人になっても飲んでいたが
好きじゃなかったなー、決して。


ってなことを考えていたらふと気がついた。

アル中になる傾向がある人って偶然かも知れないが私の周りではいい人ばかりなのだ・・・・・・・

昨日書いたH、そして C・・・・・・・・・・
何故だろうか?

知人のKなんてーのもいる。
有能な医師であり普段は人格者である。


がKは酒乱である。

私が部下のBにそのことを伝えると
目を丸くしながら
部下B「信じられない、凄い普段は紳士なのに」
と驚く。


ところがどっこい、以前一緒に酔った時、突然ギャー、グワーっとなって誰かと喧嘩を始めて最後は自動販売機と喧嘩してた。
目は当然物凄いぶち切れ方で、とてもじゃないけど止められないので様子を見てたら、山の方に一人でギャーとかいいながら歩いて行った。

後で聞いたけど、山で野宿したらしいw。
喧嘩で裁判になったこともある。
最近じゃ週7.5日飲んでなどとウィットに飛んだ話をしているが、朝から飲むのはどーかね?(^^;


らもの本にもこんな感じの酒乱の医師がいたけど、実際アル中と頭の良し悪しは全く関係ないみたい。
偶然だろうけど、私の周りのアル中は頭が良くて、いい人ばっかりである。

なんなんだろうか?

つまりはアル中になる要因とは人の側には全くないのだと思う。
これは、もー、確信に近い。

全ての原因はアルコールが依存症のある麻薬であるからなのだ。
しかも少量ならば身体にむしろいいとか、楽しい席では酒などと嘘でかためて
洗脳してくる。それは子どもの頃からそれは始まっているのだ。


だからアル中になる傾向、性格、環境なんて研究したって全く無意味なのである。



禁酒36日目
禁煙107日目

体重58.5kg
ベンチプレス55kg 6回
チンニング17回
スクワット(20kg付き) 10回
Will FIT 約6分
600M ランニング





にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


0




AutoPage最新お知らせ