†ヽ(-"-;) No matter what may happen,I will beleive my willpower !?ヽ(-"-;)Ω南無南・・ Ωヽ(-"-;)南無南
捕手の本質とは何か?  野球 ボクシングetc

Pの経験があるものだと理解してくれると思うが、毎回毎回同じフォームで投げるのは
難しい。 ほんの些細なことで微妙にフォームが変わる。何千回何万回と繰り返して練習
してもだ。
端から見ていれば(ファンから見ていれば)馬鹿げていると思うその現象は、実は本人は気がつかない。
特にアドレナリンが出ている試合中に調整するのは至難の技なのだ。
松阪クラスでもそれは言える。
ところがそれを指摘できる可能性があるのは監督でもコーチでもなくCだったりする。
Cは献身的にPのボールを受けている。だからこそわかる領域が少なからずも確実にある。

私がジョーにさすがだと思った瞬間がある。
ヘル坊が肩の開きが早かった時に、すかさず自分の肩をさりげなく抑え返球した瞬間だ。
そして注意深くヘル坊のリアクションを見守っていた。
ヘル坊はセンター方向をゆっくりと見ながらそれを確認しているように見えた、つまりヘル坊は理解した。

捕手の本質を数字で語ることは愚かなことだ、かつて東尾は捕手に打率はいらないと言っていた。
ノムさん型の捕手を是とする流れが今のメジャー流である、だが、私は伊藤(西武)型こそが
真の捕手だと信じている。

捕手を育てる意識、リード、そして投手の調子を見抜きかつそれを指摘できる能力、献身的に
投手に仕える意識、そして何よりチームの勝利を何よりも望む意識。

ジョーこそ日本が生んだ最高のCである。
0

捕手防御率  野球 ボクシングetc

正当な評価とはならない、防御率というのは投手に対してのみ正当なものであり、
捕手の防御率なんてものを持ち出して捕手の全能力を評価するという姿勢には
かなりの疑問がある。
その数字自体は参考程度に使用するものであって(実際には何の意味も持たないが)
捕手を正当に評価するのためには投手、野手とは違いとうこと。
もしくは数字にならない数字を使用しなければならないということだ。
守備率、盗塁阻止率、打率、長打率、OBP、などのあらゆる数字、もしくは
数字にならない数字それらを総合的に判断する必要がある。

Bの盗塁阻止率を過小評価する姿勢にも疑問がある、捕手にとっては重要な要素のはずだからだ。
マリナーズ不調の原因はあきらかである。投手陣の力不足、打撃陣の不調,GMの能力不足。
なかでも投手陣の力不足(プッツの不調をも含む)を指摘しないまま、捕手に
全ての責任を求めるBの姿勢は到底認められるものではない。
Bの投手が打たれたら捕手のせいにする(少なくともそー感じる)姿勢はマリナーズ不調の原因をジョーの責任とするため、もしくはスケープゴートと
するための詭弁だと思わざるをえない。
0




AutoPage最新お知らせ